2018年9月20日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:(0)
        271 :気団まとめ速報 2010/08/06(金) 10:51:12 0
        私が昨年の秋に結婚したばかりなんですが、
        今年の4月に弟の彼女が妊娠したということで、急遽結婚が決まりました。ところが、その話が出た直後、何故か弟の彼女から私宛(メアド教えてない)
        「結婚式やりたいけどお金が無いので貸してください☆」とメールがきた
        ちなみに弟は結構しっかりもので、それなりに貯金はあったし
        何で私にメールがきたんだろ?と思って、とりあえず弟に相談してみた。
        弟はメールを見て
        「こないだ彼女と結婚式の話をしていたら『お姉さんならお金いっぱいもってそうだよね。
        ご祝儀とかいっぱいもらっただろうし』と言っていたので、ご祝儀を借りようとしたのかも。
        ただ、話を聞いてると、彼女も堅実で結構貯金もってるはずなんだけど…」と首をかしげていた。しばらくして彼女から「なんで弟クンにバラしたんだ。ブス。タヒね。女同士のメールのやり取りを
        他人に見せるとかバカじゃないの。プライバシーの侵害で訴えられてタヒ刑になれ」とかメチャクチャなメールがきた。
        …ので、当然、弟にまた転送。
        何でも、その後のやり取りで、堅実に見せていたけど実は結構ブランド好き遊び好きで
        貯金はほとんどなく、むしろサラ金に借金までつくっていたことが判明。

        妊娠がわかってすぐに籍だけ入れちゃったので、既に実質義妹なんだけど
        弟は結婚したことを後悔していて、子供を認知して離婚も考えているらしく、
        またも、「離婚したらお前のせいだ。お前んとこも離婚まで追い込んでやる」というメールが来た。
        当然ですが、弟に即転送。
        懲りない義妹です。

        2018年9月20日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:(0)
        376 :気団まとめ速報 2010/11/12(金) 09:50:32 0
        他スレの嫁入り道具云々の話で思い出した。結婚前の顔合わせでトメが両親の前で「結納のことだけど
        そちらに結納を差し上げてしまうと、おたくはその3倍額の箪笥を用意しないと
        いけないでしょ。そんなお金もねえ、出させるのも悪いですからねえ、結納は
        無しにしてあげようかと思うんですよ」
        と笑顔で言い出した。すると母が「お気遣い頂かなくても大丈夫ですよ。3倍の額分の
        箪笥を用意させようとする家は、その箪笥が入るような大きな家を
        息子夫婦に用意しておくのが常識なんですってねえ。
        娘の為にそこまでして下さってありがとうございます^^」トメ顔ひきつらせてた。
        因みに実家も義実家もどちらも平凡なサラリーマン家庭。
        結局、結納なんかもらったらあの姑に奴隷扱いされるよ。という母の
        意見で結納は無しになった。
        それでよかったと思ってる。

        2018年9月20日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:(0)
        414 :気団まとめ速報 2014/11/05(水) 11:08:42 0.net
        弟の奥さんが、子どもがなかなかできないので病院へ一度相談に行くことにしたらしい。
        弟にも一緒に行って検査も受けて欲しいといったら弟が渋ってわめきだしたらしく
        奥さん、うちへ避難。弟を召喚して「弟、あんた自分の子が欲しいんだよね、子どもは2人でつくるの
        だから病院も2人でいくのが順当だからゴネるのやめて行け」と説得にあたったが
        聞きゃしない。そんなことを言われるくらいなら離婚するのなんのと騒ぐから、
        なんかおかしい気がして奥さんに何か浮気のような怪しい話がないか聞いてみた。奥さんも疑うところがあったらしく、調べたら真っ黒だった。結局弟夫婦は離婚したが、姉ちゃんが余計なこと言わなきゃ慰謝料なんか
        取られなかったし浮気相手もつらい思いしなくて済んだのに!浮気相手ちゃんだけ
        損してかわいそう!一生守っていくと大騒ぎ。

        で、浮気相手ちゃんと結婚して、また離婚した。

        2018年9月20日 カテゴリ:嫁が大好き  コメント:(0)
        31 :気団まとめ速報 2017/12/10(日) 21:41:07 ID:STtnCa+p0.net
        さっきあったこと今日も疲れて帰ってきた俺
        子供も寝てるからそっと帰宅。
        台所から水音と嫁の声と女の声がしたんだ
        どうもハンズフリーでの会話らしい耳を傾けた俺は心臓が氷る思いだった

        嫁友「あー…もうほんとムカつく!
        年々アッチも適当になるし、嫁も最近レスっていってたよね?」
        嫁「あ~…そうだねぇ最近したの…先月、したかな?」
        嫁友「はぁ!?うちらまだ二十代だよ?なのに1ヶ月あいてるの?私なら3週間しなかったら限界だわ」
        嫁「わかるー私も限界通り越してるぅw」
        嫁友「本当いやんなるよねぇ…もうATMくらいに割りきらなきゃこっちがストレスで禿げる!」
        「あはは~ATMになるならまだいいじゃんかぁ~うちはそれにすらならないよ~」

        もうこの時点でお前なんて恥ずかしい会話をっ!とか思ってたけど真っ白になったわ
        確かにわけあって給料は新卒並みだし五人家族を養えてない。
        それでもいま頑張れば確実な昇進と給料アップが約束されてて、嫁も応援してくれてると思ってたけどやっぱり本音はそうなのか…って

        「でもまぁそれでも私達の為に必タヒに働いてくれて、ヘトヘトになるまで頑張ってくれてるし愛してくれてるから幸せだよ~」

        嫁友「うわぁ相変わらずラブラブだねぇ」
        嫁「嫁友だって未だに出掛けるときは旦那さんに初めて貰ったネックレス絶対つけてるし、旦那さん好みの髪型十年維持してんじゃんかwどっちがラブラブなのさ」
        嫁友「う…それは…」
        嫁「それに手抜きのカレーって言ってたけどそれってあれでしょ?旦那さん好物のルーから作ったやつだよね?しかもなんも焼いてんでしょ?
        手抜きのカレーってのはうちみたいな市販ルーのやつをいうんだよ」

        と続く会話にほっとして愛しい気持ちが溢れて抱き付きたかったが、きっとこの会話は男が聞いたらいかんやつだと思い直してそっと玄関に戻ってから
        今帰りました風に音をたてながら部屋に入ったら携帯もった嫁がいて抱きしめてめちゃくちゃキスした
        10年一緒にいるが愛しすぎてつらい
        もちろん台所で泣かせてきたぜ

        2018年9月19日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:(0)
        697 :気団まとめ速報 2009/12/26(土) 15:46:41
        ちょっと書かせてもらいますよ……?
        今から十ウン年前、私の一つ年上の従姉Rの結婚式で起こった出来事。Rには高校時代に恋焦がれ憧れていたN先輩がいて、N先輩もRの事を凄く可愛がっていたんだけど
        N先輩にとってRはあくまでも「可愛い妹分」と言う存在だった(様に見えた)
        Rにもそれが解っていたから自分の本当の想いを伝えることなく、
        高校卒業して大学に進学してすぐN先輩への思いを振り切る為に言い寄ってきたイケメンAと付き合いだした。
        でも、Aは最低最悪の男で、Rの他にも三股三股も掛けてたヤツで、
        口癖は「俺は女を振った事は有っても振られた事は無い」っていうクズ男。
        それでも黒髪ロングで清楚美形な上、88-59-88と言うナイスバディ(当時)なRにはそれなりに本気だったみたいで
        大学時代はイザコザは有れど何とかRとAは続いてたんだけど、
        社会に出て世間に触れて、Aのクズさ加減にほとほと愛想をつかしたRはサクっとAを捨ててしまった。
        もちろんAは見苦しくRに纏わりついたけれど、Rは誠実で一生懸命な新しい彼氏(今の旦那)Fくんと付き合いだし、
        三年間の交際を経て婚約→月結婚となりました。

        2018年9月19日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:(0)
        653 :気団まとめ速報 2012/05/18(金) 21:32:41 ID:Cs0r5Smv
        病院勤めの友人は、お昼にそのままの格好で隣のコンビニに行ってたら、突然
        「あんた○○病院の職員でしょ!制服のままコンビニに来るなんて!不衛生!」と
        見知らぬ女性に怒鳴りつけられたらしい。(ただの事務員)とりあえず謝ったものの怒りが収まらないらしく、そのまま病院に駆け込んで、フロントで
        「ここの職員ーはー!そのままのーかっこーでー!コンビニなんて行ってまーす!ばい菌はんしょーく!
        治るものもなおらなーい!こんな病院来たらタヒぬー!」
        と節をつけて歌うように叫んでいたと(↑節は自分が適当につけたすんません)そのまま警備員が連れてったんだけど、病院の患者でも無く、その家族でも無く、住んでるところも
        電車で数十分の距離だとかで、何しにその地に来ていたのかわからなかったそう。
        そしてそのコンビニで怒鳴られたことだけが、何故か市報に投稿されて、ちょっとした問題になったとか。
        それ以降、コンビニ禁止になったと嘆いていた。「行きたいなら着替えて行け」だそうだ。

        2018年9月19日 カテゴリ:復讐  コメント:(0)
        277 :気団まとめ速報 2012/04/10(火) 02:24:47 ID:08wrg1zNO
        付き合っていた彼が浮気してムカついたので、国税庁に垂れ込んだこと。
        国税庁に電話して、しばらくして彼が脱税していたことが発覚。
        追徴課税を払うのが大変だと聞いてザマア見ろと思ったw
        脱税発覚後、1年経って私は他の男(今の夫)と結婚した。友達の金持ち自慢にムカついたので、これも国税庁に垂れ込んだw
        こっちも派手に脱税して、しばらくは彼女も地味で悔しがっていた。どっちも私が垂れ込んだとは思っていない(と思う)。
        仲のいい人を裏切ったから黒いかな?
        でも脱税する方が悪いよね。

        2018年9月19日 カテゴリ:復讐  コメント:(0)
        899 :気団まとめ速報 2012/09/03(月) 14:11:20 ID:pThebADK0
        中学時代、俺に濡れ衣を着せて不登校に追い込んだ女がいた。
        そのため内申がなくてくそみたいな高校に進学した。
        くそみたいな高校だから成績はオール10.
        それで信じられないような国立に推薦入試で入れた。

        2018年9月19日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:(0)
        464 :気団まとめ速報 2008/07/24(木) 02:03:29 ID:jBd4DXfX
        子供の頃よく通ってて、仲良かったおもちゃ屋のおばちゃん(当時)
        自分にも子供が出来たら、そこで思いで話の一つもしながら子供に何か
        買おうと思ってて、おばちゃんも「将来、○○君(俺)に子供が出来たら、
        おばちゃんが何かプレゼントしてあげる」と冗談交じりに言ってた。
        そんな俺に子供が出来て数年がたった。やっとおもちゃにも興味を持ち
        ヒーローの変身セットが欲しいと言う。しばらく振りに実家に帰り、そのおもちゃ屋
        に行った。気分は子供のまま。「おばちゃ~ん!こんにちは!」
        出てきたのは40歳前の綺麗な奥さんだった。
        「あれ、おばちゃんは?分厚いメガネ掛けてて、昔レジに立ってたと思うんですけど?」
        「母です。去年の暮れ亡くなりました。不慮の事故で・・・。」
        歳だとはいえ、まだ亡くなる様な歳だと思ってなかったからショックだった。取り敢えずお線香を
        あげさせて貰った。すると娘さんが奥からショベルカーのおもちゃを出してきて、
        聞けば亡くなる一ヶ月前にふと思い出したかの様に、近所に住む俺の親戚から子供がいる事を
        聞いたのを娘さんにポツリと話し出し、約束は守らなきゃとラッピングまでしてくれていたらしい。泣いた。息子の目の前で大粒の涙を流して泣いた。
        あんなガキの頃の口約束を覚えていてくれたなんて。
        亡くなった事のショックとおばちゃんのやさしさが本当に心に染みた。
        おばちゃん、ありがとう。息子に大事に使うように言うよ!
        いつか、お礼いいに行くから。
        長文、スマン。

        2018年9月18日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:(0)
        956 :気団まとめ速報 2010/04/27(火) 19:14:48 ID:liHSUtzW
        うちにはかつて数億円の財産があったらしいが、うちの婆ちゃんが1人で使いきったこと。
        約20数年で…。うちの爺んは福島から関西に出てきて、とある企業を設立。
        それが成功し、まだ子供だったうちの親父達家族はそりゃ裕福な生活をしてたらしい。
        ところが爺ちゃんん、好物の塩辛いものを食い続けたことがたたり、46歳の若さで脳溢血でポックリ逝く。
        親父達子供はまだ大学生だったし、路頭に迷うか…と思ったら
        生命保険と爺さんがコツコツ稼いだお金、その額数億円にも上った、らしい。
        そして子供たちはそれぞれ独立し、婆ちゃんは1人で、爺ちゃんの残した遺産で悠々と暮らしていた。
        旅行にはいきまくるわ骨董やら買いまくるわ、日本舞踊は習うわ
        そして私達孫にもおもちゃとか、高いものではないけど買ってくれたり。
        極稀にパートはしてたけど、日雇いの清掃員とかそういうのばっかり。
        子供心に、年金ってたくさんもらえるんだなぁと思ってた。