2016年7月6日 カテゴリ:嫁との馴れ初め  コメント:(0)
        444: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/01(土) 21:36:21
        誰もいなさそうなので勝手に語る。うざいと思った人は言ってくれればすぐやめるから。
        と思ったら人いた。嫁との馴れ初めは、俺が小学校6年生のときだ。といってもまったく自分は覚えていない。
        全てこれは伝聞で聞いた話。うちはど田舎なので、6年生は必ず1年生の世話に行かなきゃいけない。俺は掃除当番だった。
        なぜかすごく懐かれた。1年生のクラスほぼ全員に。その中に嫁はいたのだという。(嫁談)
        ただ、すごく纏わりついてきた子は良く覚えているが、嫁の記憶はない。近づきたかったけど
        遠くから見ていただけだったらしい。

        時間は流れてそれから6年後。俺は18歳になっていた。自宅の近くにすごく俺と仲のいい姉弟が
        いて、本当の兄弟のように付き合ってた。で、姉のほうの親友が今の嫁だった。が、そんなことは
        知らない俺は、大学進学のため実家を出たのでまたもすれ違い。このときが、嫁を思い出せる
        一番最初だ。


        オススメ記事

        445: 441 投稿日:2007/12/01(土) 21:36:59
        さらに2年後、嫁たちは高校受験だ。それなりに成績の良かった俺は、近所の姉弟の姉の家庭教師を
        引き受けた。もちろん夏休み限定でだが。そこに、「嫁も一緒に勉強したいけどいいか?」と聞かれた
        ため快諾した。
        このころの嫁は、惚気に聞こえるかもしれないが、本当に美少女だった。しかもちょっとロリが入って
        いた俺の好みど真ん中。まさにジャストミート。

        楽しい家庭教師の時間はあっという間に過ぎていった。俺は姉のほうの課題を早く済ませて
        嫁の勉強をじっくり見ることが良くあった。姉にはそのころ人気だったドラクエ4のカセットを貸して、
        テレビのある部屋に行かせていた。まあ、いろいろ話したりして、仲良くなっていったんだ。

        夏休みも終わり、次の年。姉も嫁も無事高校に合格して女子高生になっていたが、俺は大学にも
        行かず、休学してバイトに明け暮れていた。実家に休学していることがばれ、実家召還のうえで
        実家からバイト三昧だった。もともとバイトしていたところにまた入れたので、仕事は教えてもらうまでも
        ない。程なくして週1回、小さな店を1日中一人で任されるようになった。そのときに、嫁が来た。
        毎週水曜日、俺が仕事に入る日の午後4時ごろから6時ごろまで。必ず週1回来るようになった。

        そのころは既にむこうも好意を持っていたのだろう。いろいろな話をした。正直女の子と縁がない生活を
        送っていた俺は、はっきりいって惚れていた。が、告白する勇気もなく、休学していた期間が終わりを告げるころ
        また俺たちは疎遠になった…

        446: 441 投稿日:2007/12/01(土) 21:37:41
        そして、結局大学を中退し、実家に戻って就職したとき、嫁は18歳。就職希望だということは親友だった姉から
        聞いていたが、何もアクションを起こすことはできなかった。そして11月ごろだったか、内定をもらったことを聞いた
        俺は、何を考えたか嫁の自宅まで行き、母親に「内定が決まったと聞いたので。おめでとうと伝えてください。」と
        突撃した。今考えれば俺のことをまったく知らない母親はすごくびっくりしたんだろうな。

        そして、確か嫁から御礼の電話が来て、そのときに初めてデートに誘った。どこに行ったか正直覚えていない。
        緊張しすぎて本当に記憶がないんだ。ただ、その日、家に送っていったときに告白した。
        返事は「お試し期間としてなら…」って感じだったと思う。でも、とりあえず肯定の返事をもらった俺は有頂天に
        なった。そして、そのとき勤めてた会社の同学年会で、「俺告白してOKもらった!!!」と発表して泥酔してたっけ…

        年が明け、町内に転職した俺を嫁が帰りに迎えに来るようになった。制服を着た女子高生が職場に迎えに来る
        のははっきり言って恥ずかしいが、そのころの俺はもう脳内が桃色ハッピーだったからまったく気にならない。
        職場のすぐ近くの公園で日が暮れるまで話をして、その後家まで送ってから帰っていた。

        その後、5年経ち、俺と嫁は結婚した。もちろん友人代表の挨拶は近所の姉弟の姉だ。
        「今にして思えば私が愛のキューピッドだったんだなぁとおもっています。」のところで思わずうなずいてしまい、
        後で笑われた。

        その後10年経ち、いろいろ修羅場はあったけど、とりあえず嫁と恋愛を続けてます。

        長い話だったけど、聞いてくれてありがとう。

        449: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/01(土) 22:10:37
        いい話乙

        450: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/01(土) 22:12:14
        いや、いい話だったよ。

        451: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/01(土) 22:15:01
        修羅場kwsk!

        452: 441 投稿日:2007/12/01(土) 22:18:33
        >>451
        kwsk?1.嫁姑の泥沼の戦いの末に倒れた
        2.仲の良かった同級生(♀)との浮気を疑われたどっちがいい?

        453: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/01(土) 22:23:44
        両方です><
        艶かしくお願いします><

        454: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/01(土) 22:35:08
        >>453
        艶かしくといっても…
        そんな状態にはならなかったからなぁ…
        とりあえずちょっとまとめてきます。

        455: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/01(土) 22:51:55
        まったく艶かしくないけどとりあえず纏めた。激しくスレ違いのような気がする…1.嫁姑の泥沼の闘い
        結婚後、2年間のアパート生活を経て、念願の一軒家を作ることになった。
        が、資金が足りないため、親の土地を借りて(実家の隣)作ったんだ。
        そしたら、うちの親が嫁の一挙手一投足に文句をつけ始めて、嫁が精神的に参ってしまった。今はちょっとおさまってるが、いつ再発するんだろう?

        2.仲の良かった同級生(ry
        これは本気で仲が良かった。もう性別を超えた仲だった。どれだけ仲良かったかというと、
        ●相手の実家に夜中に泥酔して突撃してそのまま泊まった。(同級生の部屋に布団しいて)
        ●夜10時ごろ呼び出して二人きりで隣県までドライブ(帰って来たのは午前3時)
        ●あるライブに行くのに嫁は後から合流だったけど、その同級生と二人で泊まりで最初に行った。(独身時代)

        これで、肉体関係は一切なかった。むこうはたしか32ぐらいまで処女だったはず。
        だが、処女とはいえ、30過ぎた女は結構下ネタにも喰いついてくる。お互いにどんな自慰をしてるかとか
        女性器の中の性感帯とか、そんな話で盛り上がっていた。そんな時。
        あっちが妻子もちの男性と不倫した。(その男に処女を捧げたらしい)そのことを聞いた嫁が激怒した。

        嫁によると
        「妻子もちの男と不倫できるぐらいの道徳観念しかないなら、俺とも不倫する可能性がある」
        「そんな人間と俺とかかわっているのはおかしい」
        だそうで、それこそ小学生のころからの友達でまったくそういうことは心配なかったのだが、
        嫁が大事な俺はそいつと話して付き合いを絶った…

        引用元: http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1151735435/

        他にはこんな記事が読まれています


        嫁との馴れ初めの記事

        気になる人気記事

          週間気団まとめ速報人気記事

          他サイト人気記事

            コメント一覧

            名前

            次のHTML タグと属性が使えます: <s>