2018年12月の記事一覧
        2018年12月15日 カテゴリ:その他  コメント:0
        933 :気団まとめ速報 2008/10/02(木) 12:52:26 ID:Devk1FVE
        先週の金曜、割に親しい同僚(二児の母)が退社する頃寒そうにしていた。
        大丈夫か尋ねた所、悪いけどあなたのジャケットを貸してくれる?と。
        月曜に返してね、と念を押した上で貸したら約束通り返してはくれた。
        しかし両肩の縫い目が派手に破れている上、目立つ位置にシミがあった。
        (貸す前からついていたら絶対分かるような位置や大きさです)この事を指摘したら、悪気もなく「あら、うちの子がちょっと目を離した隙に
        二人羽織でもしたのかしら」
        それが本当なら、シミもそいつらの仕業・・・口ぶりからすれば破れやシミには
        気付いていながら半兵衛を決め込んでいるのは確実だった。
        追及しても決して謝ろうとはせず、「もともとでしょ」だの「どうせユ○クロだし
        惜しくないじゃない」と言い訳を並べ立てるばかり。
        確かに安物だが、子供に借り物を触らせるその神経が分からん。

        2018年12月15日 カテゴリ:実家・義実家  コメント:0
        353 :気団まとめ速報 2010/08/18(水) 00:42:38 O
        旦那と結婚してから顔を合わせるたびに『略奪婚のくせに』とうるさいトメ。
        私も旦那も初婚なのに、馬鹿なことを…と何度も旦那が〆るんだが『大事な息子を私から奪ったんだから立派な略奪婚』だそうな。
        ちなみに義兄嫁さんにも、義姉旦那さんにも同じことをネチネチ言いつづけて絶縁された。そんなトメ。
        最近、家の中にはアリが。
        家の外には蜂が大量発生して困っているらしい。
        ド田舎なんだから当たり前だろと旦那は放置。確かに虫は多いところだけど、そこにほんの少しだけ私が手を貸している。
        アリの行列は、呼び出されるたびに庭から勝手口まで少しずつ砂糖水をまいているから。
        蜂は、庭の木の幹や縁側の裏に、酒と砂糖を混ぜたものを塗りつけたからです。(養蜂場ではどうやって蜂を呼び寄せるのかという番組で見たような記憶)
        テレビではミツバチが集まったけど、こっちではアシナガバチばかりで、残念。

        駆除を手伝えと電話がくるが、やなこった。

        姉からもらった大事なコートを勝手に持ち出し虫食いだらけにされた恨みはまだ忘れていない。

        でもまあ、元より汚宅なので、Gやムカデにちょっと仲間が加わっただけ。
        すぐに慣れるさ。

        2018年12月15日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        352 :気団まとめ速報 2012/01/06(金) 12:54:58 O
        彼氏がいつの間にか妹とくっついていた。
        二人でデートしてたのを目撃し、どういうことだと近くの喫茶店に連れ込んで問い詰めたら彼「お前は一人で生きられるだろうけど、こいつは俺が守ってやらなきゃダメなんだ。
        こんなことになっちゃったけど、お前を好きになって付き合ったことは後悔してないよ。
        お前のおかげで運命の人に会えたんだから……」
        妹「お姉ちゃん、ごめんね。でも私、この人じゃないとダメなの。
        お姉ちゃんには悪いけど、この人への気持ちを諦めたら絶対後悔する。
        その代わり、お姉ちゃんの分まで二人で幸せになるから!
        優しいお姉ちゃんなら、絶対いつか運命の人に会えるよ」
        と、ドラマみたいな台詞をぶつけられた。
        思い出したくなくてもたまにこの場面が浮かんでくるので、今でも内容をハッキリと覚えてるのが悲しい。
        今なら、ある程度は冷静に対応できるかもしれないけど、その時はキョドって
        「あ……いや、好きになったものはしょうがない、のかもしれないけど、
        でも、せめてあんた(彼)さあ、私に別れるって言ってから付き合って欲しかったっていうかその、
        けじめぐらいつけるべきなんじゃないのかな~?違うの?」
        みたいなことしか言えなかった。彼も妹も「それはその通りだ、ごめん。」みたいなことだけ言って終わり。
        それから、確か三年後に二人は結婚した。今、私の実家の近くに住んでいる。子供が二人いるらしい。

        2018年12月14日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        141 :気団まとめ速報 2007/08/20(月) 11:37:01 ID:bSHzTYmA
        武勇伝になるかどうかわかんないけど、自分なりのプチ武勇伝。10年以上前、まだギリ10代の頃。
        彼氏がぼんやりした人で、とある詐欺に引っかかってしまった。
        それでどうやら詐欺業者にいいカモとして番号が回ったらしく、
        勧誘・詐欺業者から電話がかかってくるようになってしまった。
        遠距離恋愛だったのに自宅電もPHSも出てもらえなくて、心配で部屋を
        訪ねたら部屋の隅に蹲る、半ばノイローゼ状態の彼氏発見。
        自宅電は線が抜かれ、PHSは電源が落ちてた。事情を聞いた後、どのぐらいひどいのか確認するために自宅電をつなぐと
        さほど待たずに着信。内容は契約した覚えのない通信講座の代金請求。
        本人以外が電話に出たため、微妙に腰が引けながらも
        とにかく代金を振り込めと繰り返す業者。
        今は報道番組などで架空請求業者に凸したりの番組もあるけど、
        当時はそんなのも無く軽くパニックになりながら対応した。
        契約した、してないの水掛け論が続き、ふと契約書の存在を思い出して
        「契約書の写しを送れ、それが本人直筆なら払う」と伝えると業者は何故か
        「今から契約書を送るから書いて送り返せ」と言い出した。

        2018年12月14日 カテゴリ:昔の恋人  コメント:0
        800 :気団まとめ速報 2011/02/15(火) 14:53:03 0
        雪で滑って事故っちゃった(泣き顔絵文字)
        車動かないし、足がなくて帰れないよ(泣き顔絵文字)
        迎えに来て~~~(泣き顔絵文字)発信元アドレスを見なかったのが悪かったけど、
        時間と内容見て反射的に「旦那からだ」と思い、即座に「今すぐ行くから!」と返信。
        雪の中子ども連れて車に乗り、旦那の会社へ向かった。
        が、事故車に遭遇することなく会社に到着。旦那の車も無事。
        おかしいなと思ってると旦那が出てきて
        「お前こんな日に何来てんだよ!」と怒鳴られた。
        だってメールがと思ってよく見たら、6年前に別れた元彼からだった。
        しかも追撃メールも来てた。やっぱり、君は僕の天使だった(キラキラ)
        離れていたけど、僕のために命をかけてくれる。それが君(ハート)
        こんな僕でも、君は受け入れてくれるんだね(泣き顔)
        ○子(←浮気相手)なんて返事もくれないんだ・・・(怒り顔)
        きっとこの事故は、バレンタインの神様が君という天使を遣わすために起こしてくれたんだね(キラキラ)
        相手の車に示談金10万払わなきゃいけないから、それもついでにお願い!
        もちろん後でお・か・え・しするから、さ☆
        場所は○○○○の○○の辺りだよ!待ってるからねマイエンジェル(キラキラ)本気で杀殳意沸いた。
        「旦那からかと思っただろうが!紛らわしいんじゃクソボケ!誰が行くか!」
        と返信して即アド拒否。
        旦那には呆れられつつ説教されるし、危ないから車置いて帰れって言われるし、
        今日は車取りに行かなきゃいけなかったし、散々だった。

        2018年12月14日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        45 :気団まとめ速報 2018/02/26(月) 20:32:33 ID:pDsFC+k6.net
        職場の人が亡くなった。俳優の大杉漣さんみたいに、急性.心筋梗塞で、本当に前日まで元気だったのに、突然すぎた。
        その人は私の父より歳上だけど、私とほぼ同じ時期に入社し(その人はシルバーパート)慣れない仕事だったけど一緒に色々と勉強したりチャレンジしていた
        寡黙だったけど、たまに親父ギャグをポツリと呟いたり、私と同い年の娘さんの自慢話のときは饒舌になったり、いつもお菓子をくれたり可愛がってもらってたと思う。私も一緒に仕事していて楽しかった。5年間くらいは同じ部門で仕事していた。
        彼氏いない歴=年齢だった私に彼氏が出来ていたことを知った時も、しみじみとお祝いしてくれたり、結婚までの道のりなんかを嬉しそうに語ってくれた。
        そのお通夜に参列した時に、棺の中のその人の顔があまりにも穏やかで、前々日にみた顔と同じだったから思わず涙が溢れてきて、席についても泣いていた。
        そしたら後日、会社の後輩(後輩だけど歳上、30代男)から「同僚の、しかも親くらいの歳の人の葬儀で普通泣きますかね?演技?ていうかただならぬ関係だったんじゃ~」「葬儀とか通夜とか初めて参加したけど、あの空気苦手っす」みたいなことを冗談めかして言っててスレタイ
        さすがに周りの人が諌めたけど、本人はなにが悪かったか理解してなかった。
        後輩は故人とはたまに会うくらいの面識だったけど、こんなこと言われて、故人まで侮辱されたような感じがして気分悪い。

        2018年12月13日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        283 :気団まとめ速報 2014/11/05(水) 15:07:14 ID:???
        妊娠中に体調を崩し、出産後もなかなか本調子に戻らず、
        同時期に元夫は激務になった。
        これから先何かと物入りな子供のために頑張って働いてくれているのだと思えば、
        感謝こそすれ不満など出るはずもなく、私も精一杯家事育児にと働いた。
        そんな中、実は夫は浮気してた。
        相手は私と同い年で、でも私と違って健康的で生き生きつやつやしてるんだとさ。
        おしゃれもしてて若々しいんだってさ。
        細かい経緯は省くけど、元夫は相手と別れて再出発することになった。
        義両親両親友人達からも子供も生まれたばかりだし、そうした方がいいと勧められた。
        とにかく元夫の居心地がいいように、帰ってきたくなるような家庭にしなさいと
        アドバイスされて、その通りにした。
        浮気された方がした方に気を遣っておもてなししなきゃいけないなんて理不尽だよなぁと思いつつ、
        部屋中磨き上げて、元夫の好物を作って、できるだけ暗い雰囲気にならないように笑顔で。
        でも半年ほど経って二度目の浮気発覚。
        というか、最初の浮気相手と別れていなかったことが発覚。
        この時も元夫にいろいろ言われた。
        お前はくたびれちゃって女として見れないとか、
        男としては彼女の方を愛しているが、父親としての責任はとるからお前はそれで我慢しろとか。
        元夫への愛情が尽きると同時にものすごく憎くなり、なぜか我が子のことまで大嫌いになった。
        周りは相変わらず子供のためにも我慢しろ、早計は良くないと言ってきて、
        私はこいつさえいなければ自由になれるのにと娘を邪魔に思うようになっていった。
        結局両親にも義両親にもありのままの心情を話し、離婚を決意。
        元夫も離婚に同意。
        慰謝料、財産分与を養育費と相杀殳で、それだけではもちろん足りないので、
        不倫相手から受け取った慰謝料も独身時代の貯金も全部元夫両親に渡して後はお願いしますと頭を下げた。

        2018年12月13日 カテゴリ:嫁が大好き  コメント:0
        191 :気団まとめ速報 2010/02/05(金) 23:51:40
        今日は俺の誕生日。
        家に帰ったら、向こうも帰ったばかりだと言う嫁。
        「まだ夕ご飯できてないんだ。ごめん。
        早く荷物を置いてきて。」
        素直に隣の部屋に荷物を置きに行くと、
        テーブルの上に火が点いたろうそくを載せたケーキ。
        振り返ると、してやったりと言いたそうな顔の嫁。俺は幸せです。

        2018年12月13日 カテゴリ:その他  コメント:0
        620 :気団まとめ速報 2018/05/26(土) 10:17:07 ID:Y+ofTKuh.net
        出先でレストランに入って、日替りランチを頼んだ。
        ちょっとしてから隣席の二人組のサラリーマンも日替りランチを頼んだ。
        そしたら厨房から「日替りあと二個だから足りないよ!」と聞こえ、店員が私のところに来て「大変申し訳ございませんが日替り終了しまして他の物を…」と言う。
        いやいやいやおかしくね?私の方が先に注文したんだから、隣のサラリーマンに言うべきでしょ?
        二人組だから片方だけキャンセルさせるのは…って思ったんだろうけど、こういうのは先着順なんじゃないの?
        あと向こうは40代リーマン、当方20代女だからなめられたんだろうなあ。
        「私、なくなる前にオーダーしてましたよね?」と言ってたら、事態を把握したリーマンが「○○に変更するからいいです」って言ってきておさまったけど、私がゴネた感が漂ってて気まずかった…
        もうあの店行かない。

        2018年12月12日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        135 :気団まとめ速報 2015/09/24(木) 11:16:57 ID:xQr
        ネタだと思ってくれていい
        連休中に本当に腹立つ出来事があったから晒させてほしい兄嫁が先月から入院してて今月末に帰ってくることになったんだけど
        兄から「兄嫁が返ってくるまでに家をきれいにしたい」とヘルプが入ったから
        兄宅の掃除を手伝いに行ってきた
        そしたら兄嫁の部屋で、半年前に紛失した私のノートPC見つけたのよ
        兄嫁のものだと主張する兄とすったもんだしたあげくに、自分のものだと証明して取り返してきた
        そのPCって当時仕事で使ってて、紛失したときはすごく大変だったんだ
        一人で細々やってる内職みたいな仕事だけど、信頼一番でやってたから痛かったよ
        兄夫婦とはたまに行き来するくらいの間柄だけど、いつとられたのかまったくわからなかったそれで、自宅に戻ってから履歴とか確認してびっくりしたよ
        おーぷんに酉つけてたくさん書き込んでた
        この酉でググってもらえたらすぐにそのスレ出ると思うけど、あまりの内容に気持ち悪くなったよ

        で、なんで私が怒ってるかというとPCとられたことだけじゃなくて、
        兄嫁の書き込んでる内容が明らかに私や私の元彼(茶道とか華道とか伝統芸能関係の人)と
        その双方の親戚をモデルにして創作したのが明らかだったから。
        離婚騒動だって、見る人が見たら「あああのときの」ってなると思う

        しかし、なんだってあんなに悪意満載でお話しづくりができるのか理解できないよ
        もともとちょっとヒステリックで近寄りづらい人だったけど、完全に頭のおかしい人だとわかったよ

        ちなみに兄嫁は自転車でこけて縁石にぶつかったせいで、右の鎖骨から手首まで&右大腿骨を骨折して
        入院してます(軽く障/害が残るらしくてリハビリもしてるっぽい)
        病院にもPCあったしスマホも持ち込んでたけど、さすがにお話の続きは書き込めなかった模様

        戻ってきてからまたおーぷんに書き込まれてもむかつくので兄嫁の使ってた酉置いていく
        #関関同立の嫁
        私は関関同立の中でも貧乏人学校の出身で、兄嫁は有名お嬢様大学の出身
        しょっちゅう見下されてたのはわかってたけど、まさかこんな酉まで使うとはね・・・