2019年3月の記事一覧
        2019年3月20日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        208 :気団まとめ速報 2018/04/20(金) 09:32:52 0.net
        昨日子供2人を散歩させてる時1人がぐずり出したので抱っこした、もう一人は手を繋いだ
        横断歩道をよく見て渡ったら(少しカーブになってる場所)、物凄い勢いでカーブの方から車がスピード出して走ってきた
        規制速度は40キロの道路なんだけど多分70キロは出してるんじゃないかな
        もう道の真ん中まで渡ってたから戻ると逆に危ないので走った
        子供が途中お菓子を落として手を離して戻ろうとしてしまって危うく引かれそうな所を引き戻した
        必タヒだったので子供2人を抱えて転んでしまった
        私がクッションになるように庇ったので幸い子供に怪我はなかった運転していたオッサンが
        「あぶねーな!クソガキ!」って叫ばれたのと子供が危機にさらされた怒りが湧いてきた
        お前がどこ見て運転してんだぁ!危ないだろがぁ!!と叫んでしまった
        相手もカーッと怒り出し車から降りてきてヤンキーのようにユラユラ近づいてきた
        私に物凄い近づいて睨む。古き時代の習性.を備えてるおっさんだった
        横断歩道ある場所でスピード出すな!規制速度見えてないのか!?って叫んだ
        あ?あ?んだこのアマ?!おおぅ!?
        とかおっさんが言った時にカーブから警察がきて、おっさん慌ててた
        私たちの状況をみて何かを察知した警察が状況確認してくれて、状況を全て言ったらおっさん青ざめてた
        ブレーキ痕でいいわけはできないと思うわ
        ざまーみろ

        2019年3月20日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        98 :気団まとめ速報 2013/03/18(月) 15:06:19 0
        高校時代仲良しグループの一人だったAが出産して、その子供に障/害があった。
        私は去年旦那の転勤で地元に戻って来たので、Aとの付き合いが再開したのだけど
        それまでもメールで障/害のある子を産んだことを、姑と舅に責められて辛いといつも愚痴を書いていた。
        旦那さんも理解のあるふりはするけど療育や病院は絶対に付いてきてくれないし
        帰りもいつも夜中で、孤独な子育てでつらいともあった。ある日「もう子供杀殳しそう。家に行ってもいい?」と聞かれたので来てもらったが
        「あなたの健常の子供を見るのがつらい。」とすぐ帰ってしまった。
        悪いことしたのかなと思ったけど、うちの子も幼稚園から帰って外に一人で出せないしと
        ぐだぐだ思っていたら、Aから心療内科に行きたいから、子供を数時間預かって欲しいと
        頼んできた。障/害は自閉症でまだ言葉もなくパニックもあるらしいので
        知識もないし責任も持てないので無理だと断ったのですが、先日子供を幼稚園に連れて行こうと
        ドアを開けたらAの子がドア前で寝ていました。びっくりして家の中に入れたのですが
        ここは豪雪地帯までいかないけど寒冷地。体がものすごく冷えていて唇も真っ青。
        判断できなくて救急車を呼びAに連絡しても、電源切ってあるようで連絡付かず
        それでA実家の電話番号を調べて電話したら、A両親が飛んできてくれました。
        幸いにAの子は、たいしたことなく凍傷もないので、一晩で退院できました。
        A実家に引き取られて行きましたが、Aの行方も知れないし、A旦那さんに連絡しても
        「ご面倒おかけしました。」というだけでとうとう迎えに来ませんでした。その後Aのお母さんから謝罪の電話を貰いました。結局Aは、一人で転々と泊まり歩いて
        一週間後にふらっと戻って来たそうです。その間にAの子は施設に一時預かりとなって
        いたそうです。今はAの精神状態も普通でないのですが、旦那さんは離婚を希望している
        そうで親権も希望してないとか。子供は押し付け合いになってしまって施設から出られない
        らしいです。
        私がもっと親身になってあげるべきだったのかと、もんもんと悩んでしまいました。

        2019年3月19日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        59 :気団まとめ速報 2017/07/30(日) 06:11:44 ID:BcY
        すみません、愚痴です。
        結婚して3年と9ヶ月、私30歳旦那38歳、子供なし。生活レベルを下げたくないから、と結婚してもお互い仕事はそのまま。私も仕事大好き人間だから喜んでそうした。
        でも結婚3年目、旦那が鬱で休職。これは後々、仮病だったと判明。最初に聞かされた時、薄々仮病では?と気付いてたものの、辞めたわけじゃなく休職なので目をつむってた。
        それからというもの、鬱を盾に一日中ベッドの中、鼻かんだティッシュはベッド下へポイ、自分が食った物の片付けすらしない、あげく「俺は専業主夫だなw」
        ゴミをゴミ箱にすら入れれないような奴が専業主夫?いやいやもう笑わせんなよ高度なギャグかよ、と。
        元々私の方が稼いでたのもあって、今現在夫婦共有の貯金の9割は私の稼ぎから。あいつは私の稼ぎに頼り切って、自分の貯金や給料は趣味の漫画、映画、ゴルフ、サバゲーに注ぎ込んでた。
        その貯金っていうのも、いつか子供ができた時に学費等にしたいからと夫婦共有の口座を作ってそこに毎月決まった額を入れてたんだけど、ちゃんと振り込んだのは休職するまで、しかも最初に設定した額よりクソほど少なく、上は5万、最悪無い時もあった。
        先日、そんなクソが、私の唯一の趣味であるナノブロックを全部勝手に捨てやがった。
        中にはもう廃盤になってるようなやつもあったのに。
        もう我慢の限界で、離婚届を昨日の夜突きつけたら、「鬱で仕事できないから離婚しても俺に月20万振り込んで」だと。
        もういっそコロしてやりたい。杀殳意しか沸かない。

        2019年3月19日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        6 :気団まとめ速報 2014/09/10(水) 01:18:20 ID:M2Rrc1dJg
        ちょっと混乱してるのでまとめられなくてすまないが進行形の修羅場
        新嫁にタヒ別した前嫁の想い出を捨てられた娘が小学校に入った途端、事故で他界してしまった元嫁
        本当に良い嫁だったし、俺実家との関係も良好だった俺と娘は泣いて暮らしたけど、二人三脚でなんとか頑張ってきた
        といってもやはり周りに支えられてなんとかやってきた
        そんな中で甲斐甲斐しく世話を焼いてくれたのが会社の部下だった

        タヒ別して7年経った頃、交際を始めることになり娘に紹介した
        当時中2だった娘が多感な時期なので高校出るまで待ちたかったが
        娘が小学校の時から懐いていたこと
        元嫁が他界した頃新入社員だった部下もアラサーになり
        俺が結婚してくれないならお見合いして田舎に帰ると言ったので
        娘の強い要望もあり再婚した

        元嫁の仏壇は今でも家にあるのだが(家は娘が3歳の時に建てた)
        再婚するまでは元嫁の写真が家中いたるところにあった

        再婚する際、娘とも話し合い、仏壇はそのまま
        写真は部屋には飾らず、娘の勉強机にも飾らず引き出しの中へ
        元嫁は結婚前から両親がなく孤独だったので元々実家がなかった
        なので元嫁の私物は全部、俺の実家の空き部屋に保管していた

        再婚後は元嫁の話は極力しないようにして
        新嫁が勝手に仏壇に線香を供えることは止めなかったが
        俺達からは強要しないようにしていたし
        それまでは常時開けていた仏壇の扉も再婚後は閉めていた

        2019年3月19日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        12 :気団まとめ速報 2008/02/04(月) 13:12:01 O
        こんなスレあったのね。子梨でレスで、ずっと元トメに
        欠陥品呼ばわりされていた。
        レスなことをそれとなく告げたら、
        女の魅力がないと言われ
        そこから自分のモテ自慢。元夫は浮気してて、そのことを言うと殴る。
        ついにプリンちゃんが妊娠。
        元夫におろせと言われて私に泣き付いて来た。

        いいかげん我慢が限界だったので、
        元トメに子作りの話題をされた時に、
        「よそでまいてる種から芽が出てるからいいじゃないですかぁ?」
        と言って、ママンの前では優等生だった
        元夫の本性.暴露してから離婚してやった。

        2019年3月18日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        148 :気団まとめ速報 2016/09/14(水) 22:29:59 ID:SNC
        (フェイクありです)
        昔、私がまだ小学生だった頃、
        嫁不足の私の田舎でお見合い番組の収録があった。
        ナイナイの前、紳助がやってた頃。
        小さかった私は自分の街がそんなに嫁不足だったことも
        その番組に村がどれだけ力を入れてるかも良く分かってなかった。
        でも、独身だったおじちゃん(父の兄)が親戚の人たちに物凄く応援されてて
        なんか凄いことがあるんだってことだけ理解してた。
        おじちゃんは一番二番人気ではなかったけど家には5人ぐらい来てて
        最終的に告白した20代の女性.にOK貰って付き合い始め、
        その人はおじちゃんのお嫁さんになった。
        父も母も祖父母も、みんながでかしたでかしたって喜んでて
        村でも割と大きな規模で結婚式をやった。
        私も姉も、華やかな雰囲気の花嫁さんにうっとりしたものだった。が、しばらくするとその女性.が本性.を出してきた。
        嫁不足の村に嫁いできてやったんだから
        農作業はしないが豊かな生活を保障しろって態度。
        おじちゃんからお金を引き出しては東京に遊びに行って
        あれやこれや買い物して帰ってきた。
        当時は千疋屋なんて店があることすら知らなかったけど
        そこの高級な果物をしこたま買って帰ってはひとりで食べてた。
        旅行なんかもしょっちゅうしてた。
        おじちゃんとじゃなくて、両親や自分の地元の友達と。
        もちろんお金の出どころはおじちゃん。その番組が馴れ初めで結婚した夫婦は
        おじちゃんとこ以外にも何組かあったが
        子供も生まれて夫婦仲よくて、家業もしっかり引き継いで・・・って所は
        3組ぐらいだったと思う。
        結婚してもすぐに「やっぱり田舎は嫌」って実家に帰っちゃった人もいたけど
        そっちの方がまだマシだったと思う。
        おじちゃんは結局、おじちゃん名義で貯金してたお金を殆ど食いつぶされて
        3年ぐらいで離婚した。子供もなし。

        当時はおじちゃん可哀想、女ひどい、と思ってた。
        でも大人になって結婚すると、違った角度から見えてくるものがあった。
        確かに女も酷い。
        でも年収1000万とか見栄張って、農家だから必要経費とかもあるし
        年収には波があるのにそういった話はきちんとせずに、いいとこだけ話して
        年齢とちょっとばかり見栄えのいい女ってだけで選んだおじちゃんもアホ。

        おじちゃんが番組に出演した頃、すでに40歳になってたと思うが、
        そんな崖っぷちの独身男が、番組に出た途端に若い女に目がくらむのは
        一体どういう病気なんだろうと今でも思う。

        2019年3月18日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        782 :気団まとめ速報 2011/05/06(金) 16:38:40 0
        義兄の子どもがこの春幼稚園に入園した
        先日この子が熱を出して園からお迎えの電話が来たらしい
        普通の親なら入園したばかりだし、心配で飛んでいくと思うのだが。。。
        「車がない」という理由だけで迎えに行くのを拒否り、冷えピタ貼って普通に園バスで帰宅させた
        私にはとても信じられない

        2019年3月18日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        488 :気団まとめ速報 2016/10/23(日) 21:49:56 ID:tim
        丼ものを食べるとき
        私→ごはん大盛りでもごはんがなくなって具材が余る派(ごはん大好き&薄味人間)
        会社の同僚(男)→ごはんが余って具材が無くなる派(濃い味派)
        たとえばカツ丼を頼むとき、私はカツが二切れあれば十分で残りのカツは食べにくい
        でもご飯小盛りはあってもカツの小盛りってない
        そんなときに助かるのが同僚
        同僚は逆にご飯が余って困るタイプで、でも並盛りじゃあお腹満たされないしという人でお互い利害が一致した
        丼ものを食べたくなると相手を誘ってごはんと具材のシェアをするようになった
        この前一月ぶりにお互いカツ丼が食べたくなったので食堂に行ったら、お昼時なので満席にちかい
        そうなると相席も当たり前なので、私達も定食を食べ始めたおじさんの座る四人がけの席に通された
        そこでカツとご飯のトレードすることになった
        普段はまず私がカツを同僚の丼に乗せると、その後同僚が空いた場所にご飯をポンと乗せてくれる
        その流れでその日も私がカツを先に同僚の丼に入れた
        同僚「今日もありがとうございます」
        私「いえいえ、こちらこそ」といつものやり取りをを交わしていると、おもむろに相席になったおじさんが私の丼に箸をのばし
        「いやぁ悪いね」と私のカツを二切れかっさらっていった
        のったりした動きだったのにあまりのことで私フリーズ
        おじさんのそれまで使ってた箸が私の丼に刺さり、持っていくまでがスローモーションのように見えた
        なんて言えばいいのかわからず、声が喉の奥に引っかかっていると
        同僚が私の丼と自分の丼を入れかえて、「そっち食べなよ」と促してくれた
        お昼休憩の時間は限られてるし、どこのおじさんともわからない人に話しかけるのもどうなのか
        お昼のあとは取引先を交えた会議もある
        同僚は全てを見越して私の丼と自分の丼を交換したんだと思う
        「頼み直してくる」と言うと「時間無いから」と同僚はそのままカツ丼をさっさと食べてしまった
        時間がないのは確かなので私もさっさと食べて出ていくことに
        おじさんは私のカツをペロッと食べてこちらに見向きもせずに去っていった

        2019年3月17日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        190 :気団まとめ速報 2016/09/18(日) 18:38:42 ID:EWe
        職場の話。
        先代の工場長は無茶苦茶だった。
        まずケチ。経費の使用をまるでそれが自分の金であるかのように渋り、
        必要不可欠な備品の購入すらなかなか許可を出さない。
        パワハラは当たり前。少しでも逆らうと嫌なら辞めろ。通院したいと残業を拒めば人格否定。
        ある先輩などは新婚旅行明けに出社したら真顔で辞めたかと思ったと言われ、数か月閑職に追いやられネチネチ言われ続けたそうだ。
        当然蛇蝎の如く嫌われていた。
        また職場のパソコンでエ□動画を見ていることも周知の事実だった。
        対して今の工場長は慕う人が多く、皆一刻も早い先代の退陣を望んでいた。
        俺は下っ端すぎて関わりがなくさして興味もなかった。
        でもある時、喫煙所で先代と営業部長、俺の3人になった。残業が多い時期で営業部長も応援に狩り出され、すこぶる機嫌が悪かった。
        (うちは営業は残業代0 工場は満額支給)
        営業部長が俺に、お前昼飯の時2台機械見てるだろと聞いてきた。たしかに俺の部署は昼休み1時間のみそうしている。はいと返すと、
        じゃあ忙しいときは1人で一日やれるよなと悪魔の笑み。
        答えあぐねて先代を見るとこちらも悪魔の笑み。終わったと思ったら営業部長に一言、おまえこいつを辞めさせたいのか。
        営業部長は狼狽してそんなこと一言もとしどろもどろ。先代は更にお前の言葉は業務命令になる。それに逆らったら辞めさせるのがうちのやり方だろと追撃。
        嫌な沈黙が流れた(俺としてはやりこめられた営業部長が可笑しくてしょうがなかったがw)
        先代はぼそっと、一日2台なんかかわいそうでやらせられるかと呟いた。
        営業部長は残業代のことを持ち出していたが、面接で説明受けたはずだしそれを補う営業手当だと一蹴された。
        それ以来俺は先代が意外とはいい上司なのではと思うようになった。
        少し前に先代が去って1年が経った。
        今の工場長になって変わったのは備品購入が楽になったのと、工場への風当たり。
        前者はありがたいが、どんなに些細なミスでも始末書を書かされ、それによる給料の査定も厳格になった。
        しかし時折聞こえてくる営業や他の事務方のミスで始末書が出たという話はついぞ聞いたことがない。
        気になって若いのに聞いたら全て上司が握りつぶしているとのこと。
        以前ミスで先代に怒鳴り散らされたのを思い出した。工場に響き渡るような怒声で杀殳されるんじゃないかと思ったくらいだ。それでも始末書は求められなかった。
        営業は無茶苦茶な納期の注文を以前にもまして取り、またろくに利益も出ない細かい注文も増えた。その切り替えで現場は慌ただしくなりミスが増え始末書が舞う。
        また生産量の明確でない注文もじゃんじゃん入ってきて、これが一番始末に負えない。足らなければ朝まででもやらされ、
        余ればロスを出したと工場のせいにされて朝礼で吊し上げを食らうこともある。
        今の工場長は怒鳴らないしパワハラもないが、経営陣と一緒になって営業や事務方が工場のミスを責めると若手の実力不足だと嘆いてみせる。
        だんだん皆の心が離れていき、やっぱりと思いつつも早すぎだろと引いていた。
        泣かされた女性.社員、新婚旅行の件の先輩までもが先代の時代を懐かしむようになった。
        そしてこないだ一番先代を嫌い今の工場長を待望していた人が、悔しそうにあの頃は良かったと言った。
        その人以外はもう皆もう当たり前のように先代の頃が良かったと言っていたので、ついに今の工場長はまったく支持を失ったことになる。もちろん下っ端の支持なんてなくてもいいだろうがw
        たった1年で・・・というのが衝撃。

        2019年3月17日 カテゴリ:その他  コメント:0
        535 :気団まとめ速報 2011/04/27(水) 09:19:47 ID:SPzGyK1f
        武勇伝とはちょっと違うかもしれないけど、該当スレが分からないので。公立高校の教師をしてる。
        田舎で高校の数が少ないため、東大狙えるレベルから中学からやり直しレベルまで
        勉強できる子とできない子の差が激しい。
        (一応、普通科と特進クラスに分かれてはいるが)
        「別に大学なんかどこでもいいしw 落ちたらどっかに就職すればいいしw」
        みたいな考えの子も多く、全然勉強しなくて手を焼いていた。先日も授業中、喋ったり携帯いじったりで全然授業を聞かない女子グループがいたので
        「いい加減にしろ、学校に来てるんだから勉強しろ」と強めに叱ったら、
        「だって男はともかく、女は別にいい大学入ったからって将来に影響するわけじゃないじゃんw」
        「進学しようと就職しようと結婚したら同じ」
        「将来いい生活が送れるかどうかなんて、結婚する男次第だし」
        「今ウチらが必タヒで勉強することに何の意味があんのw」
        と反論してきた。

        それが私のムカツキポイントを刺激したというか、なんか凄く腹が立ってしまって
        「あほかっ!」と怒鳴ってから説教を垂れた。