2019年5月の記事一覧
        2019年5月31日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        546 :気団まとめ速報 2016/10/11(火) 21:52:32 ID:yr8
        普段穏やかな人が怒ったら怖いというのを改めて思わされた話。私の女友達Aは、約4年彼氏Bとお付き合いしてた。両方とも穏やかな性格で、喧嘩なんかしたことないという、私にとって憧れのカップルだった。
        ある日、Aが私にLINEを送ってきた。
        通知には「彼氏に冷めたかもしれない」と一言。
        「何で?」と聞いたら、「もう4年も付き合ってて、私の誕生日を聞かれるたびに何度も何度も教えてきたのに、未だにヘラヘラと誕生日いつだっけ(笑)とか言ってくるその態度に腹が立った」
        「せめて申し訳なさそうしてほしかった。ヘラヘラ笑って、いやー俺誕生日覚えるの苦手でさー(笑)とかふざけてるの?覚える努力をしないその態度に腹が立つ」
        と、Aには珍しく長文で送ってきた。
        「それ本人に言ったの?」と返すと「上の文章をそのまま言った。そしたら、ゴメン、俺彼氏失格だね、とか言って泣くの。それに余計腹が立った。」
        という。
        その日はAが「まぁこのくらいで冷めたってのも変なのかも、長々とごめんね」とLINEがきて終わった。
        続きます。

        2019年5月31日 カテゴリ:復讐  コメント:0
        15 :気団まとめ速報 2003/06/16(月) 10:57:00 ID:frnfCwee
        リクエストが出ましたので、どのような事があったのかを
        書きまつ。ちょと長くなるかもしれないのですが、読んでやって下さい。私のいた小学校は1,2年、3,4年、5,6年で担任が変わるのですが、
        5,6年の時の担任からイジメを受けました。
        私は別に目立つ方でもなく、成績も特に悪いわけでもなかったですし、
        4年生まではクラスの連中ともそこそこ仲良くやっていました。
        しかし5年生になり、クラスの班決めの時の事です。
        突然担任が「お前は4.5班だ。一人でいろ」と私の机を教室の一番隅っこに
        持ってゆき、私は担任の言うことに逆らえもせず、その日から一人ポツンと
        授業やその他諸々の行事を行う事となりました。
        担任が初日からそのような事をすれば、他の生徒も当然私に対する扱いも
        同じようになってゆきます。
        私を除いたクラスの生徒41人+担任の計42名対私という図式が出来上がりました。一旦切ります。

        2019年5月31日 カテゴリ:嫁のこと  コメント:0
        795 :気団まとめ速報 2018/06/13(水) 15:57:26 ID:Y1X+iG4P0.net
        嫁が大火傷を負った
        皿うどんを作ろうとして冷凍うどんを解凍もせず煮えた油に放り込んで爆発したそうだ
        揚げ物の基本も危険も全くわかってない
        そもそも皿うどんは讃岐うどんを揚げた物じゃない
        結婚してまだ1年、失敗して黒焦げの部分は剥いで出してくれるし
        生焼けの物は指摘すればレンジで再加熱させてくれるし
        素直に謝って改善してくれようとするから下手に口出しすまいと思って様子を見ていたけど
        もっと早く義母に相談すれば良かった
        一緒に料理をしてみたり2人で勉強すれば良かった

        2019年5月30日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        686 :気団まとめ速報 2016/08/11(木) 16:12:51 ID:13C
        あーイライラでそろそろハゲそう。
        うちの会社にインターセクシャルだかインターセクシュアルだか忘れたけどそういう人がいるんだわ。
        性.同一性.障/害とは違うらしいんだけど、肉体的に男性.とも女性.とも言えない(膣があるのに精巣があったりち○こがあるのに卵巣があったりするらしい)とかってやつ。
        その会社の奴(A)が自己主張激しすぎて本当に面倒くさい。
        全然仕事に関係ないのに「インターセクシャルってこんなもの!」みたいな説明チラシを配ってきたり、戸籍上は男となってるけど女として扱って下さい!っつって女子トイレを使ったり。
        女性.陣が「Aさんには申し訳ないけどちょっとトイレ使用は考え直してほしい。」と頼んだ時なんてインターセクシャルの支援団体?みたいなのまで引き連れてきて差別だなんだと大騒ぎしてった。
        そりゃ世の中いろんな病気や障/害はあるだろうけど、それを受け入れるか受け入れられないかは人それぞれだろ…

        2019年5月30日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        552 :気団まとめ速報 2017/12/01(金) 10:46:58 ID:x6Wp8PK3.net
        健康診断で、いつもとは違う病院へ行った
        レントゲン撮る時にアクセサリーとかブラとか外すけど、いつもの病院では検査着があって、脱いでから検査着でレントゲンの前に立って、機械の前で自分で開けて撮る感じだからスタッフからは胸とかほとんど見えない
        でも今回は検査着がいくら探してもない
        検査室には私20代、スタッフ男性.40代位の二人きり
        スタッフ「次があるんだから早くしてくれる?」
        私「検査着が見当たらないんですが」
        スタッフ「あのねぇ、普段何人検査してると思ってる?恥ずかしがらなくていいから早く来て」
        私、仕方なく胸出して機械前まで歩く(なんか手ブラとかする方が恥ずかしかったから)
        スタッフガン見
        慣れてるんだろうけど、検査室やたらと広くて脱衣場から機械まで結構歩かなきゃいけなくて、男性.と二人きりだしすごく屈辱的だった
        本当に検査着なかったのかな
        ないならないで見ないようにするとか、女性.スタッフにして欲しい
        もうあの病院には行かない

        2019年5月30日 カテゴリ:その他  コメント:0
        319 :気団まとめ速報 2009/12/26(土) 00:49:16 ID:S26fsme7
        イブの話。
        予約したケンタッキーが夜8時受け取りだったんだけど、まだ7時予約の人も待ってた状態で店の中はコミコミのイライラだったのよ、んで予約したうちらが一時間も待たされて当日客に先渡してるからその一時間待ってるオバサンがとうとうキレて
        「あんたそれ渡すんじゃないよー!!うちらが先でしょうが何分待たせんのよ!!」
        って口火をきってくれたから「予約した意味ねーだろー!!時間守れないなら当日客いれるなよ!!」
        って便乗して他の客もそうだそうだ!!
        みたいになって暴動になり予約客がみんな友達みたいになったww怒りと変な一体感を味わえた一時だった 変にオモシロカッタ

        2019年5月29日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        333 :気団まとめ速報 2017/09/15(金) 09:22:14 ID:0EnBQlan.net
        四月に身内に五万貸してと言われ、六月に使う予定があるからそれまでには返せと言って貸した。
        六月にそろそろあのときの金を返せと言ったら「何で先月に事前督促しなかったんだ。督促が無かったら返さなくて良いと思うだろう。いきなり言われても無いものは返せない。事前督促しなかったお前が悪い」とキレられた。全て旦那にばらしてやった。正直〆られたらいいんだと思ってたら旦那も旦那で「弟さん(俺)がお金貸してくれたのはありがたいけど、いきなり返せと言われてもねぇ…。五万は大金だし」だとよ。時系列にそって説明しても来月まで待てと。
        もう返さなくて良い、手切れ金だと思ってくれと言ったら本当に返さず連絡まで途切れた。40過ぎて何やってんだこの夫婦

        2019年5月29日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        617 :気団まとめ速報 2015/12/01(火) 20:19:34 ID:bY7
        冬になると思いだす、現在40代半ばの自分が子供の頃の話。近所の嫁さんが男と逃げた。たぶん当時20代。
        そこんちのおばさんと息子が「嫁が若い男と逃げた!行方を探してる!」と
        近所に言いまわって、わら半紙に印刷したガリ版刷りみたいなチラシを必タヒに配っていた。
        当時俺は子供で「男と逃げた」という意味がよくわかっておらず
        運動会の二人三脚的なものを想像していた。
        うちに帰って「あそこんちの嫁さん男と逃げたん?」と親に聞いて母親に「そんなん言うな!」と怒られ
        なにやら淫靡な意味であるとようやく理解した。
        嫁さんの親が謝りに来てたとかなんとか噂で聞いた。

        2019年5月29日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        771 :気団まとめ速報 2016/08/19(金) 10:09:26 ID:k7d
        前に勤めてた会社での話。私のいた部署の隣部署の女性.。私の母より年上(当時の私の年の2倍以上年上だった)で、最初は近づきがたい印象で、弱弱しく振舞っているけど実は気が強そうだなという外見。
        時間が合えば休憩室で会う程度。時々彼女は休憩室の隅で泣いていた。泣いている原因は主に「生きているのがツライ」と。周りから入ってくる話によると、彼女はもう数年間心の病気に悩んでいるとのこと。
        今思えば、そんなに辛い状態で高額な金額を扱う業務をしていることに疑問を持てばよかった・・。
        私は同じ病気になったことがあったので、彼女の扱い方が他の人たちとは違った。
        私の同僚は私以外全員50歳オーバーの女性.だったので、「心の病気は甘え!」や、「くよくよしてるのはおかしい」という考えだったから。
        休憩室で泣いている彼女にかなり厳しい言葉を浴びせている同僚が多かった。私は「ああ、そんなこと言っちゃだめなのにな・・」と思いつつ、適度に(のつもりだった)「病気だから仕方がない」「考え方をすぐ変えれる体質ならばこんな状態にはならない」等声をかけていた。

        しばらくすると、毎朝休憩室(兼更衣室)の私のロッカーの中にお菓子やパンが置かれるようになった。
        そう、隣部署の彼女からだった。一緒に手紙も添えられ私に対する感謝の気持ちで綴られていた。
        少し違和感を感じつつも、こうすることで彼女の気が晴れる、私にお礼を言われることで心の安定を図ってるんだろうと時々お返しをしながら受け取っていた。
        しかし、限度もある。本当に毎朝だったし、コンビニの高めのスイーツプラスジュース、私の好きなマスコットのキーホルダーやストラップなど。
        徐々に金額と量が増えてきた。ロッカーを開けるのが憂鬱になった。返すことができればいいけど「返す、悪いから」と言うとすごい剣幕で怒り出すので無理だった。お返しも私の懐事情により毎回は無理。

        「自分のお古で悪いんだけど、一度も着てない、はいてないから」と某有名ブランドの洋服十数点と靴3点が私のロッカーにきつきつに入ってたときは飛び上がりそうに。
        このときはさすがにものすごく抵抗したけど、「私は物を捨てられない体質なの。だからあなたが捨ててほしい」と懇願され、紙袋3つ分を抱えバスとチャリを乗り継ぎ帰宅。
        本人の望みどおり普通に処分した。
        さすがにこの頃は怖くなっていたのだが、少しでも拒絶しようものなら、「私はもうだめなのね、あなたに迷惑ばかりかけて・・。もう私のことは忘れてください。」というようなメールが唐突に送られてくるようになっていた。
        最初に感じた違和感で気付けばよかったのだが、まだ心の病気だから仕方ないのか・・と自分を無理に納得させて相手をしていた。夜中に泣きながら電話してきたりもあったし、ほんとにタヒなれたら困るし。
        メールもここではかなり要約して書いてるけど、毎回かなりの長文で鬱々とした気持ちとどうやったら楽になれるかとか書いてたんだ。脅迫じみてるんだよ毎回。
        いきなり怒り出すのも火がついたように喚き散らすし、さっきまでシクシクしてたのに!?って毎回ビビる。

        この後私は、別件で体調を崩してしまい退職することになった。
        色々断ち切りたい縁もあったので辞めれてよかったと思ってた。隣部署の女性.ともこれで疎遠になれたら・・と。

        2019年5月28日 カテゴリ:浮気・不倫・離婚  コメント:0
        38 :気団まとめ速報 2018/04/18(水) 11:49:04 ID:aHc
        離婚確定で家庭内別居中。離婚理由は金銭がらみで向こうの有責。子梨。
        現在は弁護士を挟んで財産分与、慰謝料等を詰めてる段階。それが済んだら離婚届を提出する予定だった。
        家庭内別居が決まってすぐ夫(気持ち的には元夫)に
        「もう他人だから俺の物には一切触れるな」と言われた。
        言われた通り一切触れていない。
        夫の衣服は洗濯しないし、部屋は掃除しない。夫の愛用シャンプーの詰め替えもしないし弁当も作らない。
        脱ぎっぱなしのジャケットは放置。
        かろうじてゴミ捨てと共有部分(水回り等)の掃除はやってあげてた。
        旦那のマグカップはつねにテーブルにあり、洗わないからコーヒー滓が堆積して真っ黒。
        しかし意地になっているのか何なのか洗わない。放置。ジャケットやシャツはシワシワのまま着てる。好きにして。
        買い置きのシャンプーの場所が見つけられないらしい。訊いてこないので私も答えない。
        食事は完全に別だから何食べてるのか知らない。缶チューハイの空き缶の量がすごい。
        朝、珍しく話しかけてきたと思ったら
        「S江が今日来るから」夫の同期のS江さんたちが家に飲みに来るらしい。フーン。
        かかわりあいたくないからその日はビジホに泊まり、ビジホから出勤。
        帰宅したら超不機嫌な「俺は怒ってるんだぞ!」な顔をした夫が睨みつけてきた。
        おもてなしなんかするわけないじゃん。なに考えてんだろ。
        かろうじて缶やスナックの袋を分別してゴミ袋に入れてたから進歩ではある。
        家賃が私の口座引き落としだから、夫が住まいを見つけて出て行くって約束だったけど
        私が出て行くことにしたわ。やってられん。