カテゴリ:衝撃的な出来事
        2018年9月19日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        697 :気団まとめ速報 2009/12/26(土) 15:46:41
        ちょっと書かせてもらいますよ……?
        今から十ウン年前、私の一つ年上の従姉Rの結婚式で起こった出来事。Rには高校時代に恋焦がれ憧れていたN先輩がいて、N先輩もRの事を凄く可愛がっていたんだけど
        N先輩にとってRはあくまでも「可愛い妹分」と言う存在だった(様に見えた)
        Rにもそれが解っていたから自分の本当の想いを伝えることなく、
        高校卒業して大学に進学してすぐN先輩への思いを振り切る為に言い寄ってきたイケメンAと付き合いだした。
        でも、Aは最低最悪の男で、Rの他にも三股三股も掛けてたヤツで、
        口癖は「俺は女を振った事は有っても振られた事は無い」っていうクズ男。
        それでも黒髪ロングで清楚美形な上、88-59-88と言うナイスバディ(当時)なRにはそれなりに本気だったみたいで
        大学時代はイザコザは有れど何とかRとAは続いてたんだけど、
        社会に出て世間に触れて、Aのクズさ加減にほとほと愛想をつかしたRはサクっとAを捨ててしまった。
        もちろんAは見苦しくRに纏わりついたけれど、Rは誠実で一生懸命な新しい彼氏(今の旦那)Fくんと付き合いだし、
        三年間の交際を経て婚約→月結婚となりました。

        2018年9月19日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        464 :気団まとめ速報 2008/07/24(木) 02:03:29 ID:jBd4DXfX
        子供の頃よく通ってて、仲良かったおもちゃ屋のおばちゃん(当時)
        自分にも子供が出来たら、そこで思いで話の一つもしながら子供に何か
        買おうと思ってて、おばちゃんも「将来、○○君(俺)に子供が出来たら、
        おばちゃんが何かプレゼントしてあげる」と冗談交じりに言ってた。
        そんな俺に子供が出来て数年がたった。やっとおもちゃにも興味を持ち
        ヒーローの変身セットが欲しいと言う。しばらく振りに実家に帰り、そのおもちゃ屋
        に行った。気分は子供のまま。「おばちゃ~ん!こんにちは!」
        出てきたのは40歳前の綺麗な奥さんだった。
        「あれ、おばちゃんは?分厚いメガネ掛けてて、昔レジに立ってたと思うんですけど?」
        「母です。去年の暮れ亡くなりました。不慮の事故で・・・。」
        歳だとはいえ、まだ亡くなる様な歳だと思ってなかったからショックだった。取り敢えずお線香を
        あげさせて貰った。すると娘さんが奥からショベルカーのおもちゃを出してきて、
        聞けば亡くなる一ヶ月前にふと思い出したかの様に、近所に住む俺の親戚から子供がいる事を
        聞いたのを娘さんにポツリと話し出し、約束は守らなきゃとラッピングまでしてくれていたらしい。泣いた。息子の目の前で大粒の涙を流して泣いた。
        あんなガキの頃の口約束を覚えていてくれたなんて。
        亡くなった事のショックとおばちゃんのやさしさが本当に心に染みた。
        おばちゃん、ありがとう。息子に大事に使うように言うよ!
        いつか、お礼いいに行くから。
        長文、スマン。

        2018年9月18日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        956 :気団まとめ速報 2010/04/27(火) 19:14:48 ID:liHSUtzW
        うちにはかつて数億円の財産があったらしいが、うちの婆ちゃんが1人で使いきったこと。
        約20数年で…。うちの爺んは福島から関西に出てきて、とある企業を設立。
        それが成功し、まだ子供だったうちの親父達家族はそりゃ裕福な生活をしてたらしい。
        ところが爺ちゃんん、好物の塩辛いものを食い続けたことがたたり、46歳の若さで脳溢血でポックリ逝く。
        親父達子供はまだ大学生だったし、路頭に迷うか…と思ったら
        生命保険と爺さんがコツコツ稼いだお金、その額数億円にも上った、らしい。
        そして子供たちはそれぞれ独立し、婆ちゃんは1人で、爺ちゃんの残した遺産で悠々と暮らしていた。
        旅行にはいきまくるわ骨董やら買いまくるわ、日本舞踊は習うわ
        そして私達孫にもおもちゃとか、高いものではないけど買ってくれたり。
        極稀にパートはしてたけど、日雇いの清掃員とかそういうのばっかり。
        子供心に、年金ってたくさんもらえるんだなぁと思ってた。

        2018年9月18日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        215 :気団まとめ速報 2011/12/03(土) 03:39:12 ID:UXBVP1O4
        図示しないとわかりにくいけど、長文失礼します。
        自転車で走行中に車に絡まれた話。大きい道路左端の歩道を自転車で走行中、後から凄いクラクション。驚いて振り向いたら893が乗ってそうなギラついたヤン車が。

        ヤン車の前方車が駐車場に入るため左折しようとしたが
        俺が歩道を通っていたためストップ。それに対してのクラクションだったっぽいが…

        前方車が左折後
        ヤン車はスピードを落とし、窓を開けて睨みつけながら俺に並走してきた。

        無視して走っていると、急加速して歩道まで乗り上げて道を塞いでくる。
        大回りして進むと、何度も歩道まで乗り上げてくる。
        無茶苦茶な運転だったので接触しそうで超危険だった

        次に乗り上げるところまで進んで、俺を待っている様子だったので
        携帯を取り出して№プレートを見ながら警察に電話したが…

        「まだ事故になったわけではないので」とのことorz

        急加速で歩道乗り上げたり、そこからバックで車道戻ったり
        明らかに危険運転だろうが、と思ったけどチャリvs大型セダンじゃ
        ぶつかってからじゃ遅いので、歩道を逆走し逃走した。

        ヤン車も驚いたが、警察の対応も驚いた。
        絡まれたらケガするまで通報できないのか

        2018年9月17日 カテゴリ:その他 , 衝撃的な出来事  コメント:0
        120 :気団まとめ速報 2015/05/27(水) 02:38:03 ID:TH7Wv2+s0.net
        3年くらい前の夏、ツーリングで岐阜の山の中走ってた時の話。
        それまで晴れてたんだけど急にポツポツ降りだして来て、たまたま休憩所というか駐車場みたいな場所があったから休憩がてらに寄った。
        そこは駐車場とトイレと、休憩所みたいな木製の屋根とテーブルとベンチがある場所があった。
        トイレで用を足していたら雨が凄くなってきて雷も鳴り出して、いつ雨が止むかわからないし、レインコートを着て様子を見ようと思った。
        着替えるのにテーブルの上に荷物を置いてごそごそレインコート取り出して、ふと見るとベンチに老夫婦が座ってた。
        今までいなかったのにいつ来たんだ?と思いながらも雷雨がいつ止むのかのほうが俺には重要だった。
        着替えて5分くらい空を見てたんだけど、老夫婦はその間無言。
        居心地が悪いし俺のほうから挨拶がてら「急に降り出しましたねー」と声をかけた。
        老夫婦は俺の言葉に顔を見合わせてから、爺さんのほうが「ずっと降ってるよ」と答えた。
        今降り始めたばかりなのに何言ってんだろ、と思ったけど顔合わせないように空を見ながら「バイクだし早く止んでくれないと帰れないんですよー」と返した。
        すると爺さんは2秒くらい間をあけて「そうだね、可哀想に帰れないね」とか言った。
        そこでアレ?と思って老夫婦のほうを見たら居ない。辺りを見回しても居ない。
        あ、これヤバイ奴かも・・・と思って立ち去ろうとしたら遠くで怒鳴り声が聞こえた気がした。
        そこでプツっと意識がなくなったんだけど、ハッと目が覚めたら30代くらいのお兄さんが俺の肩を揺らして「大丈夫か?大丈夫か?」ってやってた。
        聞いたらそのお兄さんがトイレから出てきたら俺が柵を乗り超えて崖の下にダイブしそうになってた所を慌ててとめてくれたらしい。
        時間からして気を失ってたのは2分くらい。あれだけ降ってた雨もやんでた。というか、お兄さんが言うには雨なんか降ってないらしい。
        でも俺はレインコートを着てて、道路とかは確かに雨の痕跡はないんだけど、レインコートだけはびっしょり濡れてたんだよね・・・。

        2018年9月17日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        882 :気団まとめ速報 2007/11/08(木) 05:12:25 ID:qlLdDQQO
        昨日コンビニ行ったら店員とDQNがもめていた。
        店員「388円になります」
        DQN 何も言わずに10円を一枚差し出す
        店員「お客様、388円になりますが?」
        DQN 「お前バカか?よく見ろギザ10だろうが!」
        店員「?? 確かにギザ10ですね?」
        DQN 「ギザ10っつーのは500円位の価値があんの。昨日のテレビ見てねーのか?あぁん?」店員「確かに年代によって流通量の少ない希少硬貨はありますが、
        少ないと言われている昭和33年でもかなり状態が良くて200円程度ですね。
        また、コインショップの買い取りも基本的に未使用の状態に限りますので、
        この硬貨は汚れが酷いので良くて20円程度の価値しかないと思います。
        ちなみに昭和62年の50円の方がプルーフセット、ミントセットにしか収められていなかったので
        希少価値が高いですよ。軽く1万円は超えますね」DQN 「・・・」
        DQNが金払うときに50円を確認してた

        2018年9月16日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        896 :気団まとめ速報 2015/03/11(水) 23:12:47 ID:JvGxhbr0X
        うちは、分譲と賃貸が入ってるマンションで2棟あって、うちは2で救った家は1。年末に近所のママと井戸端会議。
        私と近所のママの会話内容はクリスマスプレゼント何か買ってもらった?って話で、
        我が家は掃除機買ってもらった話をしてた。
        そしたら1のママAが、話を聞いてたみたいで突然
        『そのご自慢の新しい掃除機貸して!うちのは古くて家がキレイにならない。吸引が悪い』と言われた。
        顔見知り程度しかないAには貸せない。
        主人に買ってもらった物を貸し出せない。
        と説明したら、
        『じゃああなたがその掃除機を持って掃除しにきてよ。
        それがいいわ!(手をパンっ。目がキラキラしてた)
        あなた2の◯号室よね。うちは1の◯号室だからね。よろしくね。』って言われて、
        ポカーンとしてるうちにいなくなった。
        ってかなんで、部屋知ってるんだ?
        とか思いつつ無視して年末帰省したりと過ごして、年始に帰宅。
        翌朝7時寝起きそうそうインターホンがなりAが…
        『年末大掃除で待ってたのにこないから!
        家空けるなら言ってよ!
        今日私(A)は下の子連れて帰省するから、やっておいてね。
        子供(たぶん私の子の)の朝ごはんとかあるだろーから終わったころぐらいにうちの旦那が迎えに来るからよろしく』
        って早口で言うだけ行って切られた。

        2018年9月16日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        18 :気団まとめ速報 2008/09/18(木) 20:21:49 ID:B+srhcUc
        うちの姉が障害者(しゃべるのと身体にマヒがある)なんだけど
        今日、作業所へ迎えに行って帰りに一緒にスーパーに入ったら、自分も何か買ってみたいというので
        300円の箸をもたせて、五百円玉を握らせてレジに並んでもらった。
        少し離れた所から見てたけど、しばらく帰ってこない。
        たった一品なのにおかしいなと思って、少し近づいたら
        レジの表示が300円なのに、レジのおばさん「3000円よ」って言い張ってた。
        姉が障害者だから、3000円請求してもバレないと思ったんだろう。
        私が問い詰めたらびっくりして「間違えちゃったわ!ごめんなさいね」
        んなわけないだろ!こんな安いスーパーにそんな高級品があるか!!あんまり腹が立ったから店長をフロア中探して事情話して、
        さっきのおばさんのところに連れて行った。
        おばさん、真っ赤な顔して何か言ってたけど、裏に連れて行かれた。
        店長に平謝りされたけど、目の前が真っ暗でなんか頭がクラクラした。帰りに悔しくて悔しくて涙が出てきて、
        泣きながら歩いてたら姉が「ごめんね」って回らない口で言ってきた。
        すごく悔しくて悲しかった。
        さっき改めて家に店長が謝りに来たけど、姉の「ごめんね」が耳に残って離れない。
        親も仕方がないことだって言ったけど、涙が止まらない。

        2018年9月15日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        816 :気団まとめ速報 2009/01/05(月) 12:33:34 0
        今年のお正月の話。
        うちの旦那は種無し。結婚して3年経ってまわりがうるさくて検査に行ったら種無しと判明した。
        残念だけど旦那が好きで結婚したんだしそれでもいいやと私は思ってるんだけどトメはそう思ってなく、
        どうしても私を悪者にしたかったみたいでずーっと子無しに対するイヤミを言われ続けてた。
        旦那はもちろん自分のせいだと言いトメを〆るもトメは絶対嫁のせいと言い張り今年の正月も一触即発の空気に。
        毎年こうなので今年は義実家には行くのをやめようと思ってたんだけど、海外出張の義兄夫婦が
        日本に帰ってきたのと良ウトがガンで余命宣告をされているので仕方なしに行ったんだけど「やっぱり」な展開。
        毎年こうでウトに「トメいいかげんにしろ!」と怒鳴られ三つ巴の喧嘩になるんだけど、ここで義兄が立ち上がり
        台所から出刃包丁を持ち出し、トメの前の机にだん!と置いた。「嫁子さん(私)すまない。嫁(兄嫁)すまない。お前達はいつもこんな事言われてたんだな
        親父、おふくろ、俺もこいつ(旦那)も種無しだ!いらん玉ぶら下げてんだよ。嫁のせいじゃないんだ。
        言葉で言ってわからないんだったらそれ(出刃)でこんないらん玉取ってくれ。
        それが種無しの自分達を産んだおふくろの責任だ。親父、これ取ればおふくろはもう何も言わない。安心出来るだろ?」なんていうか凄い重い空気になって兄嫁さんは号泣。私もつられて号泣。旦那も俯いて涙流してた。
        ウトも「悪かったな。皆追い詰めたな。ったくお前達にこんな母さんまかせられないよなぁ。心配だよ本当に」と言って泣いた。
        トメは出刃をじっと見ながら「ごめんなさい」と謝って出刃を台所にしまって二階に行った。
        大の大人が狭い義実家のこたつにぎゅうぎゅうに入りながら泣いてるのは凄い寂しかったよ。

        結局その後はウトが遺産の話をしたりトメの行く末を話し合ったりしたんだけど、
        それじゃあまりにも悲しい最後のお正月になってしまうと思ってトメと話し合って
        ウトが行ってみたいと言っていたカラオケに行き家族で歌を歌って楽しげに帰ってきた。

        なんていうか怒涛のお正月だったけど、結婚して初めて良いお正月だったなと思ったよ。

        2018年9月14日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        808 :気団まとめ速報 2016/06/16(木) 17:57:47 ID:5s2
        姉家族の家に遊びに行った時のこと。ドタドタと慌ただしく高2の甥が帰ってきて、姉を見つけるなり
        「おふくろ!俺、バスケ部の部長になった!あと、身体測定で身長が180cm越えてた!約束守れよ!」
        約束、の言葉に姉が戸惑っていると、甥は忘れたのか!?と、憤慨気味に約束の内容を語り出した。姉家の末っ子が生まれる前のこと。甥(推定5歳)は、好物のハンバーグが小さいことが不満だった。
        特に、父とは倍くらい大きさが違うことが許せず、母に抗議した。
        母は、「甥はまだ小さいから小さいハンバーグなんだよ。大きくなったら、大きなハンバーグを作ってあげるよ」と答えた。
        すると甥は「じゃあ、お父さんより大きくなったら(180cm以上)、僕の顔くらいの大きいハンバーグにして!牛乳いっぱい飲むから!」と頼んだ。
        それに母は「背だけ大きくなってもだめだよ。心も大きくならないと。例えば、みんなから頼りにされるような人になりなさい。そしたら作るよ」と加えたらしい。

        その約束を、甥は今日という日まで忘れずにいたわけだ。
        綾野剛似で、それなりに反抗期もあって、思春期にありがちなぶっきらぼうで、女子にもてそうな感じの甥が、昔の約束を忘れずに、お母さんのハンバーグに一生懸命だったなんて!

        そのギャップに、おかしいのか、可愛いのか衝撃的なのかわかんない感情が渦巻いたけど、甥は今までこのために頑張ってきたんだ!笑っちゃだめだ!と必タヒにこらえてたんだけど
        姉が甥の話を一通り聞いた後、大まじめな顔で
        「その『顔くらいのハンバーグ』って今のあんたの顔の大きさ?それとも当時?」
        と訊いたところで決壊。笑いタヒぬかと思った。

        その日の姉家の夕飯は、急遽ハンバーグになり、甥は「高2現在の顔くらいある」特大ハンバーグを食べきったらしい。バスケ部部長すげぇ。