タグ:ほのぼの
        2019年2月16日 カテゴリ:その他  コメント:0
        988 :気団まとめ速報 2012/05/13(日) 20:19:49 ID:+9RsI8Bn0
        同じ方向で前を歩いてた親子の会話
        幼稚園くらいの娘さんと、お母さんちょっとお疲れモード
        娘さんは幼稚園の話を元気に話してたけど、お母さんは生返事ばっかりで
        ちょっと娘さんが可哀想だなって思ってた。
        それで少し会話が途切れた後に、娘さんが大きな声で言った娘「おにぎりおいしかったね!」
        母「おにぎり?」
        娘「うん!おべんとうのおにぎりね、すっごくおいしかったの!」
        母「え……あぁ、そうなの……」(( ´_ゝ`)フーンって感じ)
        娘「○○ね、お母さんのおにぎりがいちばん好きなの!」
        母「……」(ハッって感じでちょっと固まってた)
        娘「今日のおにぎりも、とーってもおいしかった!お母さんのおにぎりがいちばんおいしいんだよ!
        ○○ね、お母さんのおにぎりだーい好き!」
        母「じゃ……じゃあ、また作ってあげるね」(狼狽えてる)
        娘「ほんと?!やったー!○○、お母さんのおにぎり大好きだけど、
        お母さんはもっともっと大好き!!」
        母「お母さんも○○ちゃん、大好きだよ」(涙声)最後は二人でニコニコしながら、繋いだ手を揺らしながら歩いていった
        娘さんよかったね~~って心の中で喜んでしまった

        2019年1月22日 カテゴリ:嫁が大好き  コメント:0
        415 :気団まとめ速報 2008/04/12(土) 11:00:56
        風邪で食欲もなくダラダラと布団の中
        いったん起きて食って、薬飲んだほうがいいのはわかっていたが起きたくないそこへ嫁が来て
        「おとっつぁん、おかゆができたわよ」
        笑ってしまい、起き上がれた。思い出して
        「すまねえな、苦労をかけて」
        と応じると、嫁はすごく嬉しそうにしたおかゆも美味かった。

        2018年12月12日 カテゴリ:その他  コメント:0
        698 :気団まとめ速報 2011/11/04(金) 02:43:27 ID:tJrNcMHK0
        会社周りに飲食店が少ない&社員も少ないこともあって社長が食費を出してくれて料理の上手い事務員さんが社員全員の昼ご飯を作っている。
        あるオムライスの日、社長は居なくて次の日に昼飯なんだったの?と聞かれてオムライス、と答えたあとの社長が可愛かった。社長:昨日オムライスだったの?
        事務:はい。今日はなす味噌炒めと豚汁の予定ですよ~。
        社長:…僕、オムライス食べてない。
        事務:食べたいんですか?
        社長:うん。薄焼き卵のやつがいい。
        事務:チキンライス、ちゃんと社長の分とってありますから。
        社長:(*´Д`) ありがとー!50過ぎたおっさんがオムライスではしゃぐのはどうかと思ったけど、そのあとずっとご機嫌で和んだ。

        2018年10月17日 カテゴリ:その他  コメント:0
        797 :気団まとめ速報 2010/05/17(月) 13:46:29 0
        うち、義父母はいい人なんだけど、義実家のすぐ近くに住む義叔母が頭も性格も悪い。
        高学歴な親戚の話を出してはなぜか自分の自慢にすげかえる。
        最初のうちは義叔母もその人たちと同窓や縁があるんだとばかり思っていたよ。でもこないだ、めずらしく酔った義父が、いつもの義叔母の自慢を
        「姉ちゃん、○さん(旧帝大卒)なら姉ちゃんだけじゃなくてみんな親戚なんだぞ」と一笑。
        「×さん(私)は違うでしょ、私は×さんと話してたのよ!」
        「姉ちゃん、×さんのお父さんは○○大なんだぞ。どうだ、俺すごいだろう!」
        「なんであんたがいばってるのよ」
        「姉ちゃんのマネー(と言ってひょっとこみたいな顔になる)」一同大爆笑(私と義母は一応ある程度こらえる)。義叔母が空気読まずマジ切れしだす。
        「自分はたいしたとこ出てないくせにみっともないやつだね!」
        「姉ちゃんのマネー(と言ってひょっとこみたいな顔になる)。
        まあ、俺らはたいしたことない一家だからしょうがないべ。なあ姉ちゃん」

        一同なごんで終了。
        でも義叔母は高卒、義父は大卒(しかも実際はけっこういいところ)。
        最後に「姉ちゃんよりはマシー」とやらなかった義父はいい人だ。

        2018年10月9日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        225 :気団まとめ速報 2011/06/10(金) 20:41:40
        不幸って程でもないが、友人(♀)の式でアクシデントが起こった話なら。
        その時はチャペルウエディングだったんだけど、新婦入場の時に犬が乱入した。父親に手を引かれてバージンロード歩ききったあたりに後ろの席がざわざわし始めて
        何事かと思ったらバージンロードを通って新郎新婦のもとにトテトテ歩いてく小型犬が見えた。
        犬は誰かに抱えられて外に出されたようだったが、新婦と父親のツボにハマったらしく
        二人仲良く吹き出していた。
        式の後に「(ハプニングがあって)大変だったね」と話したら「ほんと大変だった。
        披露宴終わるまで何度も思い出しちゃって笑い堪えるのに苦労した」と言っていた。

        2018年9月20日 カテゴリ:嫁が大好き  コメント:0
        31 :気団まとめ速報 2017/12/10(日) 21:41:07 ID:STtnCa+p0.net
        さっきあったこと今日も疲れて帰ってきた俺
        子供も寝てるからそっと帰宅。
        台所から水音と嫁の声と女の声がしたんだ
        どうもハンズフリーでの会話らしい耳を傾けた俺は心臓が氷る思いだった

        嫁友「あー…もうほんとムカつく!
        年々アッチも適当になるし、嫁も最近レスっていってたよね?」
        嫁「あ~…そうだねぇ最近したの…先月、したかな?」
        嫁友「はぁ!?うちらまだ二十代だよ?なのに1ヶ月あいてるの?私なら3週間しなかったら限界だわ」
        嫁「わかるー私も限界通り越してるぅw」
        嫁友「本当いやんなるよねぇ…もうATMくらいに割りきらなきゃこっちがストレスで禿げる!」
        「あはは~ATMになるならまだいいじゃんかぁ~うちはそれにすらならないよ~」

        もうこの時点でお前なんて恥ずかしい会話をっ!とか思ってたけど真っ白になったわ
        確かにわけあって給料は新卒並みだし五人家族を養えてない。
        それでもいま頑張れば確実な昇進と給料アップが約束されてて、嫁も応援してくれてると思ってたけどやっぱり本音はそうなのか…って

        「でもまぁそれでも私達の為に必タヒに働いてくれて、ヘトヘトになるまで頑張ってくれてるし愛してくれてるから幸せだよ~」

        嫁友「うわぁ相変わらずラブラブだねぇ」
        嫁「嫁友だって未だに出掛けるときは旦那さんに初めて貰ったネックレス絶対つけてるし、旦那さん好みの髪型十年維持してんじゃんかwどっちがラブラブなのさ」
        嫁友「う…それは…」
        嫁「それに手抜きのカレーって言ってたけどそれってあれでしょ?旦那さん好物のルーから作ったやつだよね?しかもなんも焼いてんでしょ?
        手抜きのカレーってのはうちみたいな市販ルーのやつをいうんだよ」

        と続く会話にほっとして愛しい気持ちが溢れて抱き付きたかったが、きっとこの会話は男が聞いたらいかんやつだと思い直してそっと玄関に戻ってから
        今帰りました風に音をたてながら部屋に入ったら携帯もった嫁がいて抱きしめてめちゃくちゃキスした
        10年一緒にいるが愛しすぎてつらい
        もちろん台所で泣かせてきたぜ