タグ:オタク
        2018年5月16日 カテゴリ:復讐  コメント:0
        242 :気団まとめ速報 2013/07/30(火) 10:31:18 0
        オタ話、文才なしなので嫌だったらごめんなさい。前提として
        ・結婚2年目小梨。近距離別居の義実家。
        ・私は重度のオタ。
        ・旦那は漫画、アニメが好き程度のオタ。トメはアポなし凸当たり前で私の趣味が気に入らないらしい。でもまあ、アポなし凸してきてもテレビ見るだけで、ご飯時になったら帰るからあまり気にしてなかった。
        趣味が気に入らないのもぐちぐち嫌味を言うだけでスルーできた。
        ウトは空気。

        で、油断してたらやられた。
        寝室あるはずの同人誌が半分以上なくなってた。
        人に言えるような趣味ではないので、見られないように寝室の押入れの中に本棚を設置していたのに。

        2016年7月25日 カテゴリ:嫁のこと  コメント:0
        51: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/09/03(月) 16:14:12.38
        楽しいのレベルが違くて、もうそろそろ駄目かなーと疲れを感じてきた

        嫁はオタクに抵抗がない一般人
        俺はバリバリのオタク(アニメ・ゲーム)

        嫁は俺と話しをしたり時々買い物いったりするのが楽しいと言ってくれる
        無趣味で、家でも家事をするか本を読むかって感じで過ごしてる
        反対に俺は、ゲームもアニメも好きで、昔から付き合いのあるオタクグループも居る
        それなのに、
        ・オンラインゲーム禁止
        ・同窓会や、オタグループの集まりなんかでは当時のノリ禁止(久しぶり!ってハイタッチとか)一狩り行こうぜ!とかも禁止 そもそも異性居ると不機嫌になる

        嫁自身は現状で楽しい!と感じていて
        嫁は俺も十分楽しんでると思っているんだが
        実はそうじゃないんだよ…確かに嫁と何かをするのも楽しいんだけど
        学生時代~嫁と交際するまでに経験してきた俺の中でのそれ以上に楽しかった趣味をアレもコレも禁止されて、
        例のコピペの鉄道模型捨てられた夫の気持ちに近づいてきた

        嫁は可愛いくて家事もしっかりできるし、ちょっとスイーツ(笑)な部分はあるが
        端から見たら少なくとも悪い嫁では無いと思う
        それでも、何だか息苦しいというか…生きづらいと感じてきた

        2016年7月5日 カテゴリ:嫁との馴れ初め  コメント:0
        211: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/01/19(金) 19:11:58
        居酒屋で俺の連れが、嫁とその友達に声を掛けた。
        プヲタ、ウルトラマンヲタで激しく意気投合。
        まだ26才に関わらず、
        「私の頭はボボブラジルより硬いはず」
        「レオ(ゲン)がモロボシダンに太いムチで叩かれている海坊主の回が好き」
        の発言に俺の胸筋が動いたよ。
        貢いで貢いで結婚4年目。

        2016年6月30日 カテゴリ:嫁との馴れ初め  コメント:0

        友人からは結婚をせっつかれていた。
        結婚したくないわけじゃなかったがモテないのを自覚していたし、自分の趣味が大事で、少なくとも
        自分の趣味を理解して許してくれるくれるような女、できれば同族のオタクじゃないと結婚は無理、
        とネガティブに思い込んでいた。

        嫁は俺とぜんぜん違う社交的なタイプで、中学・高校ではソフトボール、大学ではガチなスポーツ系の
        サークルにいて、スポーツ万能のスレンダーマッチョだ。知り合った当時は20代の末。背が高くて
        姿勢が良くて肩幅も広くて、今もそうだけど腕にはビッと筋が浮き上がっていた。
        美人だなあとは思っていたが、ルックスは怖め(天海祐希に似ていると言われる)だし、運動神経
        ほぼゼロのメタボ気味オタク中年としては妙にコンプレックスも感じて、絶対この人と恋愛関係とかは
        ないな、と思っていた。
        だからなんで嫁が俺に惚れてくれたのかは未だによくわからない。仕事に対する真剣さとか責任感とか
        真面目さとか言われたことはあるが、あんまりしつこく聞くと、嫁は顔を赤くして怒っちゃうんで。

        中小企業なんで、嫁が俺を憎からず思っていることは社内では役員・上司や部下に到るまで(俺を除いて)
        ほぼ気づかれていて、みんなで「(俺)と(嫁)さんをくっつけてやろう」という応援体制だったらしい。
        それを結婚式のスピーチでバラされたときはもう恥ずかしくて恥ずかしくて氏にたかったぜ。

        2016年6月14日 カテゴリ:嫁との馴れ初め  コメント:0
        715: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/03/17(月) 01:11:34.33
        俺は2ch の同人板で知り合い結婚しました。
        お互いオタクなので、和気あいあいで暮らしてます。

        2016年3月8日 カテゴリ:嫁のこと  コメント:0
        176: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/02/12(土) 22:56:22
        嫁が年上で自営業なんだが、完璧主義者で上昇思考が強すぎる。
        俺はオタクなんだが、オタ趣味を毛嫌いしてる。
        理由は『自分を高める趣味ではないから』と。
        嫁が認める趣味はスポーツや料理、英会話など。
        最初に気づいたのは、俺が仕事から帰ってきたら漫画が全て段ボールに封され、プレステのコントローラーが隠されてた時。
        さらに酒は禁止。て言うか間食禁止。
        ネット禁止。理由は2ちゃんがヘドが出るほど嫌いだからとのこと。『現実逃避してる負け組の巣窟だから』だと。
        俺に求めることは『常に上を目指して全力で走り続けること』
        ちなみに俺の昔からの夢は『金より趣味、働くくらいなら食わん』で
        下流の公務員になって九時五時退社を実現した。

        流石にケンカになって妥協点を付けたが、
        漫画は週に三日、ゲームは週に一日。アニメも週一日。
        そのアニメとゲームはどちらかのみ。アニメ見た週はゲームできない。逆も然り。
        間食は完全禁止。
        仕事から帰ってきたら資格試験の勉強を一時間すること。

        嫁が元準ミスキャンパスで稼ぎが良くて都心の高級マンションを一括で買ってくれてなかったら別れてるかも。

        2015年5月16日 カテゴリ:嫁のこと  コメント:0
        51: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/09/03(月) 16:14:12.38
        楽しいのレベルが違くて、もうそろそろ駄目かなーと疲れを感じてきた

        嫁はオタクに抵抗がない一般人
        俺はバリバリのオタク(アニメ・ゲーム)

        嫁は俺と話しをしたり時々買い物いったりするのが楽しいと言ってくれる
        無趣味で、家でも家事をするか本を読むかって感じで過ごしてる
        反対に俺は、ゲームもアニメも好きで、昔から付き合いのあるオタクグループも居る
        それなのに、
        ・オンラインゲーム禁止
        ・同窓会や、オタグループの集まりなんかでは当時のノリ禁止(久しぶり!ってハイタッチとか)一狩り行こうぜ!とかも禁止 そもそも異性居ると不機嫌になる

        嫁自身は現状で楽しい!と感じていて
        嫁は俺も十分楽しんでると思っているんだが
        実はそうじゃないんだよ…確かに嫁と何かをするのも楽しいんだけど
        学生時代~嫁と交際するまでに経験してきた俺の中でのそれ以上に楽しかった趣味をアレもコレも禁止されて、
        例のコピペの鉄道模型捨てられた夫の気持ちに近づいてきた

        嫁は可愛いくて家事もしっかりできるし、ちょっとスイーツ(笑)な部分はあるが
        端から見たら少なくとも悪い嫁では無いと思う
        それでも、何だか息苦しいというか…生きづらいと感じてきた

        2015年4月27日 カテゴリ:嫁との馴れ初め  コメント:0
        211: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/01/19(金) 19:11:58
        居酒屋で俺の連れが、嫁とその友達に声を掛けた。
        プヲタ、ウルトラマンヲタで激しく意気投合。
        まだ26才に関わらず、
        「私の頭はボボブラジルより硬いはず」
        「レオ(ゲン)がモロボシダンに太いムチで叩かれている海坊主の回が好き」
        の発言に俺の胸筋が動いたよ。
        貢いで貢いで結婚4年目。

        2015年4月20日 カテゴリ:嫁との馴れ初め  コメント:0
        502: 1/4 投稿日:2011/01/09(日) 10:35:38
        ナマコとは関係ないが投下する。うちは職場結婚。俺が課長をやっていた部署に新しく来た派遣社員が嫁。
        知り合った当時、俺は30代半ばのもてない隠れオタク(模型・特撮・マンガ・アニメ)で、親兄弟や
        友人からは結婚をせっつかれていた。
        結婚したくないわけじゃなかったがモテないのを自覚していたし、自分の趣味が大事で、少なくとも
        自分の趣味を理解して許してくれるくれるような女、できれば同族のオタクじゃないと結婚は無理、
        とネガティブに思い込んでいた。

        嫁は俺とぜんぜん違う社交的なタイプで、中学・高校ではソフトボール、大学ではガチなスポーツ系の
        サークルにいて、スポーツ万能のスレンダーマッチョだ。知り合った当時は20代の末。背が高くて
        姿勢が良くて肩幅も広くて、今もそうだけど腕にはビッと筋が浮き上がっていた。
        美人だなあとは思っていたが、ルックスは怖め(天海祐希に似ていると言われる)だし、運動神経
        ほぼゼロのメタボ気味オタク中年としては妙にコンプレックスも感じて、絶対この人と恋愛関係とかは
        ないな、と思っていた。
        だからなんで嫁が俺に惚れてくれたのかは未だによくわからない。仕事に対する真剣さとか責任感とか
        真面目さとか言われたことはあるが、あんまりしつこく聞くと、嫁は顔を赤くして怒っちゃうんで。

        中小企業なんで、嫁が俺を憎からず思っていることは社内では役員・上司や部下に到るまで(俺を除いて)
        ほぼ気づかれていて、みんなで「(俺)と(嫁)さんをくっつけてやろう」という応援体制だったらしい。
        それを結婚式のスピーチでバラされたときはもう恥ずかしくて恥ずかしくて氏にたかったぜ。

        2015年4月4日 カテゴリ:嫁との馴れ初め  コメント:0
        715: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/03/17(月) 01:11:34.33
        俺は2ch の同人板で知り合い結婚しました。
        お互いオタクなので、和気あいあいで暮らしてます。