タグ:勘違い
        2018年10月11日 カテゴリ:嫁との馴れ初め  コメント:0
        879 :気団まとめ速報 2009/01/16(金) 22:28:38
        親元はなれ大学入学4月希望に燃えていたキャンパスで同じ新入生の嫁に、嫁「あ、すごい偶然、久しぶり」
        俺「…」(いかん、誰だっけ)
        嫁「中学2年以来だね」
        俺「…」(中2で転校した女子を検索中)
        嫁「あ、ヤダ忘れて無いよね、実は私さぁ貴方に片思いしてたんだよ?」
        俺「…ごめんどなたです?」片思いというシュチュに興奮して会話開始。
        嫁「えー、忘れているの?サイテー、鈴木だよ、鈴木嫁子」
        俺「…記憶にないです」(何かおかしいぞ?)
        嫁「…佐藤君(仮名)、キャラ変わりすぎ、クールな人になってる」
        俺「田中(仮名)です」身分証明書を見せて、
        嫁「…え、なら佐藤君はどこに居るの?」
        俺「知るかよ!」嫁は天然でない、むしろしっかり者、この時はホントに魔がさしたらしい。
        その後、2度目に嫁に逢った時にはサークルに勧誘された。
        嫁「佐藤君、入ってよ」
        俺「だから田中だって!」

        嫁の初恋の佐藤君の写真を後で見たが、似てねえぇ!
        嫁「あら、何でだろ、似てないなね、写真写り?」
        俺「そうくるかい!」

        2018年10月9日 カテゴリ:その他  コメント:0
        967 :気団まとめ速報 2009/07/21(火) 01:10:39 ID:TJuucsNk
        自分がイケてると思い込んでた21歳の頃
        オサレなバーに行ってバーテンに「私に似合うカクテルを」って注文したことがある
        思い返すと、バーテンの表情が一瞬強張ってた気がする

        2018年10月6日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        42 :気団まとめ速報 2015/01/06(火) 17:23:33 ID:zJT
        自分が不幸な式の話。長くてごめん。昨年のクリスマスイブに、先輩(20代後半♂)の結婚式に招待された。
        先輩と私は同じ集落の出身。。
        いわゆる過疎地で、喩えだけど、小学生から高校生まで同じ校舎で学んでいるようなド田舎を想像してもらえればいいと思う。
        子供が極端に少ないために友人の年齢幅も広くて、10歳くらい違っても一緒に遊ぶような関係だったりする。
        親戚関係もあったりするので、小学生も中学生もなくてみんな仲良し!という感じ。先輩は東京の会社に就職し、そこで同僚女性.(先輩の6歳年上)と結婚することになって、私を含めた共通の友人たちに招待状が来た。
        私たちは先輩が上京した後は先輩とほとんど交流がなかったけど、皆に慕われていた人だったので全員で出席することにした。
        面子は、男6人(20代~30代)、私を含めて女2人(20代)。

        披露宴からそのまま二次会に参加したんだけど、そのときに花嫁さんを紹介してもらった。
        花嫁さんとは初対面だったけど、これまた田舎じゃ見たこともないくらい綺麗な人で、話し方も垢抜けてて本当にまぶしかったw

        おめでとうございます~とか奥さん綺麗ですね~とか、そういうありきたりの会話をしてたんだけど、そのうち先輩がうるうるし始めて
        いきなり目の前にいた私の肩をがしっとつかんで、ほとんど抱きしめるみたいなかっこうでわーーって泣き始めた。
        私たちも新婦さんも、他の出席者もぽかーん。
        恐る恐る先輩に「どうしたの?」って聞いたら、嗚咽交じりで何を言ってるのかわからなかったんだけど、辛うじて聞き取れたのが
        「お、おれは・・・お・・・おまえ・・・」って単語だけ。

        全員「?」状態だと思うんだけど新婦さんだけは何かしらのピースがはまったみたいで、突然私と先輩の間に体をねじ込ませるようにして、
        私を突き飛ばして「この~~~!」って叫びながらビンタしてくれたorz
        デコっていうの?石がついた爪で頬をえぐられて大出血。
        式場の人に応急処置をしてもらったけど、予想以上にひどかったようでそのまま病院送り。
        2次会は結局新婦さんの錯乱が収まらなくて救急車騒動になって、そのままお開きになってしまったらしい。

        翌日、新郎新婦のご両親が私のホテルまで謝罪にきてくれて、そのときに聞いたこと↓
        ・先輩が泣いたのは、地元を離れて10年くらいたったのに、当時の友人が皆来てくれてくれたことで子供の頃の思い出がよみがえって
        感極まってしまったから。
        ・私の肩をつかんだのに他意はなく、たまたま目の前にいたから。
        ・あの時先輩は「俺はお前らと友達で本当に良かった」って言いたかったらしいけど、「俺は」と「おまえ」しか言えなかった。
        それを聞いて、新婦は「俺は本当はお前が好きだ」って言おうとしたんだと邪推して激昂したらしい。
        (先輩は新婚旅行で2週間休みを取るため、仕事を先に片付けようとして毎日残業だったせいで、新婦は以前から浮気疑惑を持っていたそうだ)

        新郎新婦本人たちも謝罪に来たいということだったけど、まずは怖い思いをした私の意向を伺ってから、ということで先にご両親が
        謝罪と事情説明に来てくれたそうだ。

        それでびっくりしたのが、2次会の後にヒステリーで失神した新婦を病院に運んだら、なんとそこで妊娠が判明したらしい。
        マリッジブルーと妊娠初期の精神不安定?で暴走したんじゃないかってことで、冷静になった今は「なんてことをしてしまったんだ」とふさぎこんで
        「私さんに謝りに行かせてください」とホテルで泣いているそう。
        とりあえず直接会うのはお互い落ち着いたらってことにして、東京観光もそこそこに帰ってきてしまった。

        事情がわかったからもう怒ってはないんだけど、顔の傷が消えなさそうで本気で凹む・・・
        皮膚とその下の組織がえぐれてるところがあって、そこはもう皮膚の移植をするかどうかっていうレベルらしい。
        ちょうど頬のど真ん中だから髪でも隠れないし、もうすぐ大学の卒業式&会社の入社式があるから泣けてくるw
        治療費&慰謝料で高級外車が買えそうなお金を提示されて、そんな大金欲しくないんだけど、昔からの家族ぐるみの付き合いを考えると
        ここで受け取らないのも相手の立場が・・・とか考えてしまう。
        とりあえず治療にかかった実費だけを負担してもらうのがベストなんだろうな。

        2018年9月25日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        963 :気団まとめ速報 2014/04/27(日) 20:12:39 ID:uz85jzkW.net
        長文ですがあるテーマパークに行った時の話
        チケット購入の窓口で人数を言って一万円札を渡したんだけれど、窓口の女性がその一万円をレジにしまったあとチケットを渡してくれなかった。
        で、「あの、2人なんですけど」と声をかけると「~円です」との返答。
        そこで一万円を受け取ったことを忘れたのだと気づいて指摘するも、「受けとってません」の一点張り。
        しばらく渡した渡してないと押し問答をしているとイライラした風に
        「お並びのお客様がいらっしゃいますので購入されないなら横にずれて下さい」
        さすがに怒ってちゃんと確認してくれと訴えると、後ろから責任者らしき男性が出てきて、女性の話を聞いてこちらに
        「すみませんが他のお客様もいますので…レジのお金を数えればわかることなんですよ?」と完全に疑った口調で言ってきた。
        それなら確認してくれ、一万円多いはずだと言うと、今度は
        「レジのお金を数えるとその間レジを止めないといけない。時間がかかるのでできない」と言い出したのだけれど、そっちが確認すればわかると言ったんでしょうとまたそこで押し問答。
        結局レジ金確認したら当然プラス一万だったのだけど、謝りもせず「じゃあチケットです。」と渡してきた。
        せっかく開園前から並んでいたのにその時点で開園後30分はたっていて、もう遊ぶ気分でもな

        2018年9月16日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        170 :気団まとめ速報 2014/11/06(木) 16:35:11 ID:b6aYMCOKg
        7、8年前父が2ちゃんに感化されて、子供である私のDNA鑑定をこっそり実行
        後日、親子の可能性は限りなく低いですと通知が来てわが家が修羅場に陥った
        結果的にいえばその結果自体が間違い、杜撰な業者がサンプルを取り違えただけだった
        最初の通知から数週間後、業者からの電話で発覚
        事の次第と料金を返還するので穏便に済ましてくれとの内容をうけ
        散々に母を責めていた父は、顔を真っ青にしながら謝罪したが、母は下を理由に受け入れなかった・証拠も無く軽い気持ちでDNA鑑定をしたこと
        ・その大事なことに安い業者を使ったこと(平均の十分の一の金額だったらしい)
        ・「お前の存在が裏切りだ」「人生の無駄だった」「金と時間を返せ」
        「触るな」「愛情が枯れた、どうしても愛せない」「吐き気がする」等、私を罵ったこと
        ・近所中にDNA鑑定は必須だと触れ回って、誤解を与えたことさらに母は、父が頼んだ業者とは別の4社に依頼した調査結果を父に叩きつけ、離婚を要請
        それまで母にぞっこんだった父は泣いて縋ったけど
        私にした父の罵倒をそっくりそのまま返され離婚させられた

        父はその後再婚もせず、私が成人した後も養育費と同額を毎月母に振り込んでるらしい
        慰謝料は一括で貰ってるらしいので、受け取る母もどうかとおもうけど、とめる気はない
        当時の父の立場からすれば仕方ないんだろうが、
        今までの信頼が吹き飛ぶような言葉を浴びせられた私としては苦しんで市ねとしかいいようがない

        2018年9月6日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        832 :気団まとめ速報 2009/09/01(火) 23:58:53 ID:/WkSh845
        日本の常識は海外で通用しないんだなと身をもって体験したこと。
        海外旅行先で繁華街を一人で歩いていたら、前を歩いていた人がサイフを落とした。
        でも気付かずに歩き続けるから、慌てておいかけてサイフを拾って、
        Excuse me って声かけたけど聞こえなかったみたい。
        で、後ろから洋服の裾をちょいと引っ張って振り向かせたら、
        その人の目がサイフを見た瞬間に殴られたwもうね、呆然として体が動かなかったねw頭も真っ白w
        他人に顔を殴られるなんて初めてだったしw
        スリに間違われたのかなw
        そんなに私の身なりがショボかったのかなw
        喪女なりに精一杯のオシャレで街に繰り出したつもりだったんだけどなw
        こっちは小柄だったもので殴られた勢いで尻餅ついてしまい、
        痛さも忘れて呆然と、ただ私の手から財布ひったくって怒鳴るガイジンさんを見上げていたよw幸い、一部始終を見ていた通りすがりさんが男を怒ってくれたけどw
        嬉しいんだがちょくちょく
        「こんな子供を殴るなんて」「子供なんだから」
        みたいなフレーズが聞こえてくるんだが、私は30代なんだw

        社会勉強にしちゃ衝撃的すぎるよw
        草生やすしかない心境だったわw

        2018年8月14日 カテゴリ:その他  コメント:0
        298 :気団まとめ速報 2009/03/11(水) 17:30:36 0
        義実家でコトメと雑談中、
        「子供がWii欲しがっちゃって困るわ~。今そんな余裕ないし~」とか聞いた。
        で、私も「結構高いですもんね。私も欲しいんですけど」
        なんて答えておいた。
        それから数か月、お金貯めて念願のWiiを買いに行った。
        ソフトを選んで、本体も買って、ホクホクと帰ろうとしたらコトメにばったり。
        「あら、お買いもの?」「そうなんですよ」と言った。
        コトメ興味津々で「何買ったの?」と覗き込んできて、Wiiを見つけると
        「ええっ!買ったの!?わぁ~…ごめんなさいねぇ~…こんな高い物…
        でもコトメ子喜ぶわー!嬉しいっ!」と超笑顔。
        コトメ、兄兄妹の末っ子長女、しかもちょっと年が離れてるため
        ナチュラルに「プレゼントだ!」と思ったらしい。
        思わずポカーンとして「あ、いえ、これは私用です」と言うと
        悲壮な顔で「ええっ!!…そ、そうなの…でもコトメ子が欲しいって…
        どうしよう…コトメ子になんて言ったらいいんだろ…」としょんぼり。
        「あーっはっはっはっは!なんて言うも何も言わなきゃいいじゃないですか!!
        頑張ってお金貯めて買ってあげて下さいねー!これは私のですー!ww」
        って叫んでしまった。
        そしたらコトメ「えっえっ???」とうろたえ、
        「で、でも家じゃ買えないから…どうぶつの森やりたいって…あのぅ…」と上目使い。
        思わず「バカか…」と言い捨てて、そのままコトメを放置して帰った。
        夫にコトメから泣き事メールが来たらしいが
        「常識で考えろ」と返信して終わりw
        つーか余裕なくたって何カ月か貯金したら買えるだろうが。

        2018年8月3日 カテゴリ:その他  コメント:0
        916 :気団まとめ速報 2015/09/29(火) 00:50:34 .net
        出張で来た地方で案内所で紹介して貰ったキャバク●行った
        ワンセット終わる頃にキャバ嬢がもう少し一緒にいたいと言ったが延長料金高かったから帰った
        でも俺に惚れてるみたいだったから可愛そうかなと思って店終わる頃にラインしてやった
        「俺のホテル来ん?」したら「風イ谷じゃねーよw」とか意味不明
        じゃあ何のためにライン交換したんだよクソが

        2018年8月2日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        548 :気団まとめ速報 2007/08/02(木) 21:41:16 ID:2Ao/7Cyv
        そういえば有名ホテルに勤めている友達から聞いた話家族連れが泊まってる部屋から
        「荷物がどうしてもスーツケースに入りきらない」とコールがかかり
        部屋に行ってみると、ぶくぶくに膨れたスーツケースを前におばあさんと孫が格闘中
        友達がなんとか押してみるも全く閉まらないので、もう一度荷物を整理してみて下さい
        と言うと「時間がないから手伝って」と言われ「失礼します」と荷物開けたら部屋にあった液晶テレビが出てきたらしい。

        さすがにビックリして「お、お客様…これお持ちいただけないんですが…」と動揺しながら伝えると
        「えっダメなの?東京のホテルは何でも持って帰っていいって聞いたのに」と憤慨。
        誰から聞いたんだろう。

        2018年8月1日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        648 :気団まとめ速報 2016/02/11(木) 11:41:22 ID:Vny
        衝撃的な体験を書くスレだったのに名前のこと書いちゃってたから、私の衝撃的な体験、というより私と姉の屈辱の体験佳子様と生まれが三週間しか違わないので、私はとうに成人してて、姉は私より2年と半年年上で立派な社会人
        なぜか私の身長は170センチあるのに姉は145センチしかない
        去年の年末、姉と二人で買い物に行った時に姉が階段で押されて数段落ちたことがあった
        姉は運動神経がよく、身のこなしが軽いので押された勢いで階段を落ちそうになったとき、グッと足に力を込めて、約13段の駅の階段を一気に飛び降りた
        着地した際に勢い余って転がったものの、マット運動を得意としてた姉はそれはそれは綺麗に転がった
        あまりに綺麗で周りが「おぉ」と感心し、誰も助けようとしなかった
        押した人を捕まえることもしない
        私も姉はすぐに起き上がるものだと思って押した人を追っかけようとしたら、姉は地面に転がったまま動かない
        慌てて階段を降りて近づくと、「足が、足首が・・・」と言って呻く
        すぐに駅員さんを呼びに行った
        駅員さんは横に転がって呻く姉を見、そして私を見、姉の顔にかかる髪を払って顔を覗き込むようにしながら衝撃的なことを言い出した
        「大丈夫かなぁ。どこか、怪我しちゃった?痛い?何処が痛い?お名前は言えるかなぁ?」
        私がポカーンとしてると、駅員さんが
        「この子のお知り合いの方でしょうか?保護者の方ですか?親御さんの連絡先とかわかりますか?もし解らなかったら中学校だけでも」
        いやいや、この人私の姉です!大人です!すみません姉が動けないって相当やばいので救急車を!
        あまりの恥ずかしさに顔から火が出そうだった
        結局姉は足のアキレス腱を切っていたそうで、押された時足を無理に踏ん張った段階で切れていたらしく、着地の時にこの世のものとは思えない激痛に襲われていたらしい
        姉は骨折もしていて即座に入院になり、治療のために足に鉄の棒がたくさん刺さっていた
        姉も転がっているとき、駅員さんの発言に耳を疑い、「なんつーことを言い出すんだ、というか痛みで呻く年頃の女性の顔をそんな間近で見ないでくれ」と恥ずかしさと痛みで消えてしまいたかったそうだ