タグ:友情
        2019年2月9日 カテゴリ:その他  コメント:0
        560 :気団まとめ速報 2008/05/27(火) 00:28:24 ID:x1W2fTVD0
        神じまんスレ見てて思い出したことがある。私はだいぶ前のことだが、体を悪くして長期入院していたことがある。
        ものすごく悪いわけではないがなかなか治らない、という状態で、
        どんどんストレスが蓄積していった。家族は遠方に住んでいたのでそうしょっちゅう来てもらうわけにも
        いかず、長期になると友人たちも日を置かずに来てくれるわけではない。
        ものすごくさびしかった。

        そんな頃に、イベントでよく会う同ジャンルの人が、ミケ帰りに
        見舞いに来てくれた。新刊と、私の好きそうな同人誌たくさんしょって。
        「カーテン閉めて読めよ~」って言いながら。

        で、「ありゃ、顔色白いねえ」って言い、「こういうことしても大丈夫かな?」って
        確かめながら、自分の体をさすってくれた。
        暖かい手というわけではなかったのに、さすってもらううちにどんどんどんどん
        自分の体が温かくなってきて、彼女が
        「美人さんに戻ったよ」
        と言ってくれた時に鏡みたら、それまでホントに真っ白な病人顔だったのが、
        ピンク色になって、体もものすごく気持ちよくなってた。

        ものすごく人の手に飢えてたのかな。
        彼女のハンドパワー、すごかったよ。
        そしてそれを境に、薄紙をはぐような感じだったけど、病状が好転した。
        本人は「偶然だよ」「病は気からっていうから萌えパワーが好転させたんだよ」
        って言うけど、私は彼女のハンドパワーだと信じてる。

        足を向けて寝られない相手です。

        2018年9月29日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        626 :気団まとめ速報 2011/10/27(木) 19:40:27 I
        結構昔の話だけど。
        中学生の時、友達2人とデパートで買い物してた。
        エスカレーターに友達2人が前、私がその後ろに1人で乗ったんだけども、
        なんか友だち2人が私の方を向いて睨んでる。
        時々舌打ちまでしてた。
        私はとてもびびって、「え、なに2人とも何か私のこと睨んでない!?」というと
        友達2人はニコッと「ううん、何でもないよー。」笑う。
        でもそのあとまた睨む。舌打ち。
        美人と可愛子ちゃんの睨み顔には迫力がある。
        私はもうビビるビビる。長い付き合いだし嫌われてるという考えは頭になかったから余計にわけがわからなくて本当に困った。
        そのあとエスカレーターを降りるまで何回かそのやりとりを繰り返した。で、そのあとわかったこと。
        2人が睨んでたのは私のことではなかったらしい。
        本当の相手は私の後ろに乗ってた知らない女の子2人組。
        何でもその赤の他人2人組はおデブな私の容姿について悪口をいっており、それを聞き怒った友達がその子達と睨み合っていたそうな。睨み合う女の子達とその間で1人「え、何、どうしたの!?」と騒ぐおデブは結構滑稽な光景だっただろうけど、なぜか自分が睨まれていると勘違いした馬鹿な私にとってはそれが最大の修羅場だった。