タグ:嫁同士
        2018年5月30日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        73 :気団まとめ速報 2014/09/29(月) 17:04:56 0.net
        ちょっと前に珍しく義兄嫁と私と義母と3人が顔を合わせたので、連れ立って買い物に行った。
        うちの旦那も義兄も肉より魚が大好きなので、鮮魚売り場で義母が「(お金出してあげるから)好きなの選びなさいよ」と言ってくれた。
        らっきぃ♪と思って私はカワハギとサバを選んで、カワハギはお刺身用に、サバは3枚におろしてもらった。
        義兄嫁の方はサバとアジを選んでたんだけど、「そのままで」と注文。
        義母が「捌いてもらわなくていいの?」と聞いたら「それぐらいのこと、自分で出来ますよ」とチラッと私を見てニヤリ。
        私が調理師免許持ってること知ってると思ってたので、それぐらい私だってできるというアピールだったのか
        忘れてて、あんたは無理だろうけど私は出来るよという自慢のアピールだったのか分からないけど、「まぁすごい」と適当に合わせておいた。
        その3日後に義兄に頼まれていたものを届けに自宅を訪問したんだが、玄関入った途端に異臭に鼻が曲がりそうだった。
        その表情に気が付いたのか「しょうがないじゃない。この間捌いた魚のアラがまだ残ってるのよ。ゴミの日明日だし」って言うから
        まさかあの日に捌いた内臓とか、そのまま室内のゴミ箱に入れてるの?このクソ暑い夏場に?とビックリして
        「ゴミ収集日まで冷凍庫に入れて凍らせておくと言うのも手ですよ」と軽いアドバイスのつもりで言ったら
        「煩いわね!なによ偉そうに」って言われた。
        ちょっと面白かったので「そんなつもりはなかったんだけど、ごめんなさい。私、夏場はこれが嫌だからお店で捌いて貰うことにしてるんですぅ」
        と追い打ちをかけてみたらぷるぷる震えてた。
        私のこの性格、どげんかせんといかん。

        2018年3月13日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        797 :気団まとめ速報 2012/01/08(日) 16:38:22 i
        義弟嫁(主人の弟の嫁)の考え方が自分と違いすぎてしんどい。
        義弟嫁は20代後半。障害を持つ息子がいる。普段は義両親(主人の両親)と同居。まず、この年末も年始も、ずっと自分と息子とだけで自分の実家に帰ってた。旦那である義弟はほったらかし。
        しかも、その間に自分の実家であった出来事をブログにアップする暇はある癖に、私達が義弟に預けてあった甥へのお年玉その他へのお礼はひと言も無し。
        やっと連絡が来たと思ったら、メールで済まされた。更に、彼女が実家へ帰ってる間に、甥は生まれて初めての誕生日を迎えたんだが
        そのお祝いは全部自分の実家で自分の親とだけで済ましてきたみたい。
        普段、衣食住から甥の世話まで手伝ってる義両親の立場は…
        それは置いとくにしても、実の父である義弟の存在は…はたから見たら私が気にしすぎなのかもしれないが
        私の中では許せない事ばかりで、精神的に消耗が激しい。