タグ:子供
        2018年9月29日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        253 :気団まとめ速報 2017/08/31(木) 17:53:33 ID:vhV
        さっきまで兄嫁にブチギレられてた。
        我が家の男衆は何か注意されると「今やろうと思ってた」と反論する癖がある。
        父もそうだし兄も弟も言う。
        「服は脱いだらハンガーにかけろ」「今かけようと思ってた」
        「早くお風呂入っちゃって」「今入ろうと思ってたのに」
        「宿題やったの」「今やろうと思ってた」
        そして必ず「やろうと思ってたのにイヤミ言われてやる気なくした」と続く。
        改めて書くと単にしつけがなってない人たちだなwこの中で一番重度は父で、軽度なのは兄だと思ってた。
        でも兄嫁の話じゃそうでもないみたい。
        さっきまで兄嫁が来てお茶飲んでたから
        母が何の気なしにみんなの前で弟に「あんた宿題終わったの」と言うと
        いつもの「先に言うからやる気なくした」な返事。
        そしたら兄嫁が唐突に泣き出した。
        喧嘩するたび同じような会話の繰り返しらしい。
        昨夜は兄に「謝ろうと思ったのに謝る気をなくした!絶対謝らん!」と言われ
        寝るまで無視されたらしい。
        でも朝起きたらケロっとしてゴハン食べて出社したらしい。
        母は「ごめんね、しつけがなってなくて」と謝り
        私は「兄ちゃん子供かよ」とどん引き。
        弟は居心地悪そうにモジモジして、トイレ行くふりして逃げた。
        25歳にもなった男が「今やろうと思ってたのに!」はみっともないからやめようよ兄ちゃん…

        2018年9月14日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        808 :気団まとめ速報 2016/06/16(木) 17:57:47 ID:5s2
        姉家族の家に遊びに行った時のこと。ドタドタと慌ただしく高2の甥が帰ってきて、姉を見つけるなり
        「おふくろ!俺、バスケ部の部長になった!あと、身体測定で身長が180cm越えてた!約束守れよ!」
        約束、の言葉に姉が戸惑っていると、甥は忘れたのか!?と、憤慨気味に約束の内容を語り出した。姉家の末っ子が生まれる前のこと。甥(推定5歳)は、好物のハンバーグが小さいことが不満だった。
        特に、父とは倍くらい大きさが違うことが許せず、母に抗議した。
        母は、「甥はまだ小さいから小さいハンバーグなんだよ。大きくなったら、大きなハンバーグを作ってあげるよ」と答えた。
        すると甥は「じゃあ、お父さんより大きくなったら(180cm以上)、僕の顔くらいの大きいハンバーグにして!牛乳いっぱい飲むから!」と頼んだ。
        それに母は「背だけ大きくなってもだめだよ。心も大きくならないと。例えば、みんなから頼りにされるような人になりなさい。そしたら作るよ」と加えたらしい。

        その約束を、甥は今日という日まで忘れずにいたわけだ。
        綾野剛似で、それなりに反抗期もあって、思春期にありがちなぶっきらぼうで、女子にもてそうな感じの甥が、昔の約束を忘れずに、お母さんのハンバーグに一生懸命だったなんて!

        そのギャップに、おかしいのか、可愛いのか衝撃的なのかわかんない感情が渦巻いたけど、甥は今までこのために頑張ってきたんだ!笑っちゃだめだ!と必タヒにこらえてたんだけど
        姉が甥の話を一通り聞いた後、大まじめな顔で
        「その『顔くらいのハンバーグ』って今のあんたの顔の大きさ?それとも当時?」
        と訊いたところで決壊。笑いタヒぬかと思った。

        その日の姉家の夕飯は、急遽ハンバーグになり、甥は「高2現在の顔くらいある」特大ハンバーグを食べきったらしい。バスケ部部長すげぇ。

        2018年9月13日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        83 :気団まとめ速報 2014/03/21(金) 21:29:14 ID:4SankhVcc
        文が下手なので箇条書き修羅場、時期は10数年前で携帯が普及してない時代・おおみそかの夜に当時生後4ヵ月の娘が高熱で引きつけ
        ・救急車呼んだら一緒に行った嫁が「すぐ着てくれ、覚悟もしてくれ」
        ・暖房消して戸締まりして慌てて病院へ
        ・娘一度心停止してて危ない状態
        ・自分も嫁もパニック起こしながら看病
        ・朝になってから上の2歳の娘を思い出す
        ・豪雪地域で、その日も気温マイナス
        ・凍タヒしてないかと心配になって慌てて引き返す
        ・家の鍵が開いてて誰もいない
        ・誘拐か自分で家を出たかと警察へ通報・警察到着して家を調べる
        ・手紙みたいのをリビングから見つける→見ると俺実家から
        ・娘を連れて行くという置き手紙→俺警察に叱られる
        ・実家に行くと兄嫁の家に娘いると言われてびっくり→兄の家は新幹線の距離

        2018年8月13日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        244 :気団まとめ速報 2014/05/17(土) 13:23:56 ID:???
        プチですが誰もいらっしゃらないようなので。子供が2~3歳のころの話。しきりに、耳を手で掻くのでお耳がかゆいのかな?と思い
        お医者さんの指示通り、綿棒で入り口あたりを軽く掻いて掃除していた。
        2週間に一度ぐらいでいいと言われてはいたんだけど掃除してもやっぱり耳を掻く
        ちょうど、風邪気味で病院にいく予定があったのでついでに耳も見てもらった
        「きれいですよ~大丈夫!」
        そう言われて安心して帰ってきた夜
        ふと耳を見ると、入り口より少し奥にけっこう大き目の耳垢が見えた
        綿棒でとりたいけど、どう考えても逆に耳の奥に押し込めてしまいそうなサイズ
        そこで、子供が寝た後普通の耳かきで見えているあかをそっととろうとしたけど
        サイズのわりに、なんだかすっごく固かったのをよく覚えている
        しばらく格闘して「浮いた!とれた!」
        って思った瞬間・・・
        まるで、耳の穴の中の形をシリコンでかたどったみたいに
        「筒状の耳穴の形をした垢」がごそっとでてきた。その長さ2センチはあったと思う
        一瞬何がなにやら分からず固まっていた。
        もしかして、耳の穴の中の大事なものをとってしまったのか!?
        って慌てて耳穴確認したらすっきりとした耳穴が見えました
        筒状に固まった耳垢なんて出てくるんだ!!!
        っていうのが本当に衝撃だった。

        2018年7月12日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        42 :気団まとめ速報 2014/07/14(月) 17:39:56 i.net
        姑のせいで鬱病になって仕事は休職復職繰り返しながら4年療養中
        夫は義実家と会うが私だけ絶縁で会わない
        姑がいる場にはいかないけど義妹夫婦や義祖父母とは個別に会うし仲良くしているし皆事情は知っているから言わないただそんな絶縁生活の状況が変わった
        義祖母が癌で余命宣告されて、私含め皆で最後に集まりたい、蟠りを取っ払い自分がいなくなっても上手くやって欲しいのもあるから楽しく食事会で集まりたいと
        祖母にはお世話になってるし優しいし好きなので祖母のために頑張って出席した
        姑が私に話すの禁止と夫に伝えた上で
        でも姑は変わらず色々酷かった
        夫にも何回も根回し確認したのに認識が甘かったのか強く言ってなかった
        たったの1日で4年の療養も減薬も無駄になる程悪化して復職、寛解間近だったのに仕事は休職期限が尽きて泣く泣く退職
        やっと人心地つくまで半年かかった!断薬したら夫も望んでいるし子供を作ろうと話してたら夫のある考えが分かった
        子供産むなら姑含む義実家との集まりに同席するべきだと言う
        子供が可哀想だ子供がいつか祖母と仲良くないのに気付く俺が1人で義実家に連れて行くのはおかしいと
        私は子供を夫が連れていけばいいし近くまで行って手伝いもする
        でも姑がいる場だけ絶対同席不可能ぶり返したくないからと言っても聞かない
        だったら子供は欲しいけどいらないと言う
        義実家の集まりに参加出来るか否かで子供作るか否か決める夫の考えが分からない
        長文スマソ

        2018年5月28日 カテゴリ:相談  コメント:0
        299 :気団まとめ速報 2015/09/07(月) 22:22:11 ID:wm1bjMT1.net
        家の中で子供が走るというのは、ものすごく、ものすごーーく非常識なことなんですか?

        2018年4月26日 カテゴリ:浮気・不倫・離婚  コメント:0
        196 :気団まとめ速報 2009/06/09(火) 22:24:54 0
        プリに子供が出来てしまい、2ヶ月前に離婚。
        当方小梨ですが、それは計算して作らなかっただけのこと。
        それを元夫も理解し、話し合って決めたはずだったのに
        「子供ができたから仕方ない。おまえとは出来なかったから別れる運命だった」
        と一方的に宣言した元夫。
        多少ですが慰謝料貰ったし、腹が立つ以上に嫌気が差して別れました。元夫はプリと結婚する気満々なのですが、どうやらプリが断固拒否。
        「子供が出来てしまったのはこっちのミス。まぁせっかくだから産むから認知はして。
        でも結婚はしない。自分は独身主義。夫はしょせん他人だから欲しくない。
        夫が欲しかったら妻持ちの誘いに乗って不倫なんてしない(どうやら夫から誘った模様)」
        と言われたらしい。
        プリは公務員なので1人で育てて行ける宣言もされ、夫涙目。
        養育費もいらないから、結婚だけは勘弁してくれと頭まで下げられたらしい。
        その愚痴を私に言ってくる夫。俺は騙されたってバカじゃねぇの?
        自業自得だよと笑ってやったら、おまえはそんな女だったのかって言われたよ。
        この男と別れて良かったと本気で思いました。

        2018年4月17日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        659 :気団まとめ速報 2017/07/09(日) 11:54:14 ID:O52
        家族と外出中にコンビニに立ち寄ったんだけど
        私は化粧崩れを直すためにトイレの鏡を使ってたんだけど
        小さい小学生ぐらいの子がトイレに入ってきた。
        その後に少し下ぐらいの女の子が入ってきて、トイレ二つ空いてるのにわざわざすでに入ってる子の扉連打して「開けてー」って一つのトイレに入ってった。
        先に入ってた子は兄弟なのかしらないけど声で認識できるくらい親しい関係なんだろうけど
        「え、なんで」って言ってたし声で中の子が男の子だと分かって
        変な女の子だなって思ったんだけど…。
        メイク直しも終わったし、ついでにトイレに入ってたら隣の二人入った子供がトイレ終わったのか出てきた。
        たぶん、私が帰ったと思ったんだろうね。
        女の子が「さっき幽霊みたいな女の人がトイレの鏡にいて怖かったの~だから一人でトイレ行けなかった」ってでかい声で言ってた…。
        トイレにいた時、普通に聞き流してたけどどう考えても私の事_| ̄|○
        そりゃ白い服着てたし、色も割と白いし、黒髮でかなり長いし
        後ろ姿だけだと黒髮で顔隠した貞子に見えなくはないがまだババアじゃなく女性って言われただけ傷は浅いけど幽霊って言われたのは初めてで草

        2018年4月12日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        833 :気団まとめ速報 2018/03/12(月) 10:40:35 ID:Jhh
        我が子のピアノ発表会を見に行ってきたんだが
        順番に子供達が演奏していく中、一人の女の子が「日本全国酒飲み音頭」を演奏し始めてビビったいや冷静に考えればディズニーのビビデバビデブーなんだけどね
        たまたま前日に酒飲み音頭(バラクーダじゃなくて怒髪天バージョン)を聞いていたので
        もうそっちにしか聞こえなくて困ったw後、我家の風呂給湯器が風呂が沸いた事を伝える音楽を演奏する子がいてさらにびっくり
        この曲は定番のピアノ曲なんだってね

        学の無いオッサンが勝手に衝撃を受けていたけど
        うちの子も他の子も皆上手にピアノを弾いていて素敵な演奏会でした

        2018年4月6日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        785 :気団まとめ速報 2015/04/23(木) 13:20:23 ID:6kX
        50年生きてきて唯一の修羅場
        幼い時に小学生ぐらいの子供たちに犬をけしかけられて
        全身ズダボロの傷だらけにされたこと。5歳ぐらいの時なので、あんまり鮮明には覚えていないんだけど
        家の前で遊んでいたら、年上の子供たちに「犬を触らせてあげる」と声をかけられ
        動物好きなもんでほいほい付いていってしまい、いきなり転ばされて犬に噛まれた
        犬の大きな口と牙、ゲラゲラ笑ってる男の子たち
        「脱がせ!」という声をおぼろげながら覚えている。
        幸い、叫び声を聞いた母がすぐに駆けつけて助けてくれた
        子供たちは逃げていったそうだ。当時うちは貧乏で、勤め先の所有するアパートに格安で住んでたんだけど、
        親は「ここに住んでたらろくなことにならない」と思ったそうで
        めちゃくちゃ頑張って働いて、市内のだいぶ離れたところに引っ越した
        それからは平和に暮らせた。

        最近、子供が河原で仲間に杀殳される事件が相次いだけど
        あの河原って、小さいとき住んでた所の割と近くかも?と気づいたら、
        封印していた記憶が蘇ってしまった