タグ:結婚式
        2018年11月6日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        92 :気団まとめ速報 2016/12/22(木) 10:49:14 ID:UYfzUrNka.net
        サプライズ好きな親友の新婦の為に、私が進んで余興担当に立候補。サプライズムービーを作成しようと新婦の昔の友人や学校にアポを取って4ヶ月は準備した。
        結婚式の2週間くらい前に急に、別れるから結婚式はやめることになった。いろいろ考えてくれてたのにごめんなさい。と連絡が来て、最初はドッキリかと思い信じていなかったが1週間経ってもネタばらしもなく…
        私は本当に結婚式が無くなったと思い、余興の完成間近の動画は未完成のまま放置し、借りていた機材は全て返却。
        なのに結婚式の前日に、本当は別れていません。ドッキリでした~と連絡が来た。言いたい事は山ほどあるけどとにかく準備をして当日出席。もちろん余興は完成していないのでキャンセルすると伝えました。
        披露宴中、新婦だけの余興が無いまま終わりを迎え不機嫌そうな新婦。周りからも余興はどうしたの?撮った動画は?と言われ私はひたすら周りにごめんねとしか言えませんでした。新婦は余興をキャンセルすると伝えた時ドッキリかと思っていたらしく、本当は幸せなサプライズムービーが用意されていると思っていたようです。後から新婦に結婚式なくなると思っていたからムービーは作れなかったけど完成したらDVDにして渡すね。と伝えるとドッキリにドッキリ返し!?と今まで見たことないような態度で言い返されました。
        本当に仲が良かった親友だったのでいろいろとショック

        2018年10月6日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        42 :気団まとめ速報 2015/01/06(火) 17:23:33 ID:zJT
        自分が不幸な式の話。長くてごめん。昨年のクリスマスイブに、先輩(20代後半♂)の結婚式に招待された。
        先輩と私は同じ集落の出身。。
        いわゆる過疎地で、喩えだけど、小学生から高校生まで同じ校舎で学んでいるようなド田舎を想像してもらえればいいと思う。
        子供が極端に少ないために友人の年齢幅も広くて、10歳くらい違っても一緒に遊ぶような関係だったりする。
        親戚関係もあったりするので、小学生も中学生もなくてみんな仲良し!という感じ。先輩は東京の会社に就職し、そこで同僚女性.(先輩の6歳年上)と結婚することになって、私を含めた共通の友人たちに招待状が来た。
        私たちは先輩が上京した後は先輩とほとんど交流がなかったけど、皆に慕われていた人だったので全員で出席することにした。
        面子は、男6人(20代~30代)、私を含めて女2人(20代)。

        披露宴からそのまま二次会に参加したんだけど、そのときに花嫁さんを紹介してもらった。
        花嫁さんとは初対面だったけど、これまた田舎じゃ見たこともないくらい綺麗な人で、話し方も垢抜けてて本当にまぶしかったw

        おめでとうございます~とか奥さん綺麗ですね~とか、そういうありきたりの会話をしてたんだけど、そのうち先輩がうるうるし始めて
        いきなり目の前にいた私の肩をがしっとつかんで、ほとんど抱きしめるみたいなかっこうでわーーって泣き始めた。
        私たちも新婦さんも、他の出席者もぽかーん。
        恐る恐る先輩に「どうしたの?」って聞いたら、嗚咽交じりで何を言ってるのかわからなかったんだけど、辛うじて聞き取れたのが
        「お、おれは・・・お・・・おまえ・・・」って単語だけ。

        全員「?」状態だと思うんだけど新婦さんだけは何かしらのピースがはまったみたいで、突然私と先輩の間に体をねじ込ませるようにして、
        私を突き飛ばして「この~~~!」って叫びながらビンタしてくれたorz
        デコっていうの?石がついた爪で頬をえぐられて大出血。
        式場の人に応急処置をしてもらったけど、予想以上にひどかったようでそのまま病院送り。
        2次会は結局新婦さんの錯乱が収まらなくて救急車騒動になって、そのままお開きになってしまったらしい。

        翌日、新郎新婦のご両親が私のホテルまで謝罪にきてくれて、そのときに聞いたこと↓
        ・先輩が泣いたのは、地元を離れて10年くらいたったのに、当時の友人が皆来てくれてくれたことで子供の頃の思い出がよみがえって
        感極まってしまったから。
        ・私の肩をつかんだのに他意はなく、たまたま目の前にいたから。
        ・あの時先輩は「俺はお前らと友達で本当に良かった」って言いたかったらしいけど、「俺は」と「おまえ」しか言えなかった。
        それを聞いて、新婦は「俺は本当はお前が好きだ」って言おうとしたんだと邪推して激昂したらしい。
        (先輩は新婚旅行で2週間休みを取るため、仕事を先に片付けようとして毎日残業だったせいで、新婦は以前から浮気疑惑を持っていたそうだ)

        新郎新婦本人たちも謝罪に来たいということだったけど、まずは怖い思いをした私の意向を伺ってから、ということで先にご両親が
        謝罪と事情説明に来てくれたそうだ。

        それでびっくりしたのが、2次会の後にヒステリーで失神した新婦を病院に運んだら、なんとそこで妊娠が判明したらしい。
        マリッジブルーと妊娠初期の精神不安定?で暴走したんじゃないかってことで、冷静になった今は「なんてことをしてしまったんだ」とふさぎこんで
        「私さんに謝りに行かせてください」とホテルで泣いているそう。
        とりあえず直接会うのはお互い落ち着いたらってことにして、東京観光もそこそこに帰ってきてしまった。

        事情がわかったからもう怒ってはないんだけど、顔の傷が消えなさそうで本気で凹む・・・
        皮膚とその下の組織がえぐれてるところがあって、そこはもう皮膚の移植をするかどうかっていうレベルらしい。
        ちょうど頬のど真ん中だから髪でも隠れないし、もうすぐ大学の卒業式&会社の入社式があるから泣けてくるw
        治療費&慰謝料で高級外車が買えそうなお金を提示されて、そんな大金欲しくないんだけど、昔からの家族ぐるみの付き合いを考えると
        ここで受け取らないのも相手の立場が・・・とか考えてしまう。
        とりあえず治療にかかった実費だけを負担してもらうのがベストなんだろうな。

        2018年9月17日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        1 :気団まとめ速報 2018/04/15(日) 15:50:45 ID:uAwH2/7C0.net
        書き込み初なのでわかってないこと沢山あります…すみません…
        私は昔、友達が車に引かれそうになって助けたことがある
        その時に顔に大きな傷ができた
        その友達が今の親友で、その子は私に傷を作ってしまったことをめっちゃ謝ってくれて、私も許してる
        その子の結婚式に出席してきたら、新郎さんに「あの娘顔の傷やばwあれでよく着飾れるなw」って言われて、私が落ち込んでたら親友が「あの娘の傷は私が作ったもんだ!私の大親友にそんなこと言うやつと結婚はできない‼‼」
        って言って会場を出ていってしまった…

        2018年8月10日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        767 :気団まとめ速報 2017/08/20(日) 16:45:41 ID:VoCZH1tU.net
        妹の結婚式
        妹は母親のことをあまり覚えていない
        母がタヒんだのは妹が5歳の頃なので、多少の記憶はあるのだが虐待されていた部分がスッポリと抜けている
        食事が冷蔵庫から出したコチコチに冷えた御飯だけで温めてももらえず、食べないと殴られ口に突っ込まれていたことも
        お風呂も洗面器で2~3杯のお湯をぶっかけられるだけだったことも
        そのため髪にゴミがからまっていたのを力任せに引き抜かれたことも
        習わせてもいないピアノやフルートやバレエや算盤を「なぜ出来ないんだ」とタコ殴りにされたことも
        幼稚園の同級生の女の子を誘拐してきて「この子が娘ならよかった」と目の前で可愛がって、私たちは夕飯抜きだったことも
        全部忘れている
        覚えていないけれどきっと可愛がってくれていただろう母
        私達を残してタヒんだことがきっと心残りだっただろう母
        母の遺影に席が用意され、亡き母への手紙が読み上げられ、花束が供えられた
        私は全てぶちまけたい衝動にかられたが、せっかく妹が忘れている最悪な記憶を掘り返して突きつけることになってしまう
        父も妹が本当は母が浮気して出来た子であることは墓まで持って行く
        母はどうせタヒんでいるし
        不幸と言うよりは何か苦い1日だった

        2018年7月20日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        543 :気団まとめ速報 2011/03/14(月) 00:51:34
        俺だけが不幸だった結婚式なんだけども。
        まだ21歳の頃両親も早く他界してしまい、天涯孤独で頑張ってきたんだが
        会った事のない他県の親戚から俺宛に結婚式の招待状が届いた。
        相手のことも良く知らないので、一応電話で確認すると、どうやら親父の親戚の息子が
        結婚するらしい。親戚連中も高齢化してきて病人だらけなもんで、人数が集まらずに困っていたので
        面識はなかったが俺に参加要請をしてきたそうだ。
        親父の跡継ぎの顔もあるし渋々参加しますと返事を出すが、葬式は慣れているものの
        結婚式は初めてで良くわからなかった。当日受付へ行くと祝儀を渡した瞬間「あぁ、>>1君ね、悪いけど受付やっててもらえる?」
        と初対面の俺を受付に置き去りにして、自分たちはさっさと記念撮影と結婚式に参加する
        親戚一同、俺って一応親戚だったはずなんだが。

        何の説明もなく受付に立たされたので、どうしていいか分からずそこらじゅうの人に
        聞きまくってなんとか対応するが来客に怒鳴られまくる。
        挙句に良くみると、披露宴の座席表に俺の名前が無い。
        問いただすと、親戚が集まらないので新郎新婦の友人を多数召還、結果席は埋まり
        無理に親戚を呼ぶことは不要となり、俺は不参加という事になっていた。

        この時点でかなり切れかけてたけど、新郎父の言い訳でブチ切れてしまった。
        「ごめんねー連絡忘れてたよ、せっかく来たけど席無くて入れてあげられないんだわ
        ご祝儀もらっちゃってるし二次会なら参加できるようにするから、4時間くらい外で待っててくれる?」
        気がついたら新郎父の前歯3本へし折ってたよ。

        その後親戚からは縁切られてるけど、とても快適だ。

        2018年7月15日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        528 :気団まとめ速報 2012/04/25(水) 00:06:19
        多分色々な人が不幸になって大変だった結婚式
        長いので分割します。私は新郎友人として招待された
        古い付き合いだった新郎からいきなり招待状が来たものの、数年前に「絶交」をされていた。
        理由もよくわからない、何ヵ月も会っても無いしやりとりも無かったのに
        「馬鹿にしていてむかつく。許せない。絶交。」という旨のメールが届き、返信しても無視。
        その頃に精神的な病になったと本人がこぼしていたので、何か波があるのかも・・・と距離を置いて何年間も接触はゼロ。
        同じ時期に同じ理由で絶交された他の友人も招待されていて、せっかく呼んでくれたし、その事は忘れてお祝いしよう!と出席する事にした。ところが式の二日前、旦那がノロウイルスを貰って来てしまい自分も感染、いくらなんでも出席出来そうに無いので
        ドタキャンで申し訳ないが欠席をする旨をメールした。電話は何度かけても繋がらず、メールも返信は無かった。
        一緒に行くはずだった友人にも理由を話し、人に頼み電報を送って貰った。

        2018年7月15日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        527 :気団まとめ速報 2016/04/15(金) 13:43:16 ID:tgc
        俺の修羅場ではないけど招待された結婚式での修羅場
        俺は新郎友人結婚式に子供連れた女が乗り込んできた
        女は入り口のウェルカムボードを破壊したあと式場で「新婦を出せ」とご立腹
        入場待ちだった新郎と新婦を見つけるなり、女は新婦につかみかかって取っ組み合い
        スタッフがあわてて止めるも、俺達が見た時には新婦が馬乗りになられて髪の毛に引っかかったティアラとベールを引きちぎられてるところだった女は「私を馬鹿にするな!」と吠えていたので、皆新郎が浮気でもしたのかと思った
        けれど皆の視線を浴びた新郎は一言、「この人誰?新婦の知り合い?」
        スタッフに助け出された新婦は狼狽しながら「あなたの浮気相手じゃないの?」
        2人はお互い腹を探り合うようにギョロギョロしてた
        すぐに新郎と新婦は引っ込み、俺達も案内されて席についたんだが、皆で下衆の勘ぐりの披露宴が始まる
        最終的に「新郎の前妻と子供で、新婦は不倫相手、2人は不倫の果ての新婦による略奪婚では?」
        もしくは「新婦が昔イジメてた相手では?」と結論に至った

        結局式は簡潔な感じの食事会みたいなものになった
        ウエディングケーキもあったけれど、全貌を見ることもなくカットされたものが出てきた
        二次会もなく解散したので結婚も取りやめかなと思っていたら、今日の午前中に内祝いと新郎新婦の写真が届いた
        あんな修羅場があったのに入籍したらしい
        写真のウラに簡単に「暴れてた女は全く見知らぬ他人であった、迷惑をかけました」との文言があったけど
        暴れてた女、的確に新婦の名前呼んでたんだよね
        内祝いも式から二ヶ月して届いたし、何かあったのかもしれないが
        あんなに恨まれるようなことした新婦とよく結婚したなと思う

        2018年7月14日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        806 :気団まとめ速報 2017/09/02(土) 22:03:33 ID:4DW/Fvx1.net
        新婦が不幸、他の招待客が不快になった披露宴の話。私は新婦親戚として出席。
        アラサーの新郎と新郎友人が、金髪色黒で見た目チャラチャラした感じで声も大きかったため、披露宴が始まる前から少し目立っていた。サーフィン仲間らしい。途中まではいい披露宴だったが、食事中に新郎友人席から「うわ!」という声が聞こえた。お酒を飲み過ぎた新郎友人の一人がその場でいきなりリバース。その友人はスタッフ達に両脇を抱えられ退場。私含め、それを目撃してしまった人達は、不快であまり箸が進まない。

        続きます。

        2018年6月19日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        349 :気団まとめ速報 2017/06/06(火) 12:21:42 ID:8/KF9noB.net
        身内の結婚式行ってきてあったこと書いてく。色々あったけど一応全て片付いたので厄落としも兼ねて。身内の結婚式で参加者は新郎新婦の身内(兄弟の扶養家族までのご参加)プラス4、5人の友人と仕事場の人で、普通の結婚式。
        お色直し2回で余興は無し、落ち着いた式で終始穏やかな雰囲気だった。終盤近くなって来て二人の思い出の曲を流しながら新郎新婦が各テーブル廻って、テーブルの上のキャンドルに火をつけるという奴で。
        ちょっと新郎新婦が「ん?」って顔してからおかしくなった。
        まず曲が違う、何回かかけなおしてちゃんと流れて司会の人が上手く話して笑いに変えてくれた。

        で、各テーブルで火をつける時、やたら蝋燭が倒れそうになったりちっちゃな花火があったんだけど各テーブルで、火がつかなかったり「ボン!」って小さい爆発がおきたりしていた。
        その間、どんどん新婦の表情が暗くなってきて新郎がとりなしていた。
        周りもあーやっぱイレギュラーが起きてるんだなーぐらいの感覚だった。

        その後も細々とした変な事があり、ざっと言うと。

        長いって言われてしまったので一旦ここで切ります。

        2018年6月11日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        38 :気団まとめ速報 2011/12/23(金) 09:07:20 O
        今月義兄夫婦の結婚式があり、一眼レフを持ってる私は義両親から撮影を頼まれた。
        義兄夫婦はプロも頼んでいたけど、私が撮ることも承知してた。
        いざ当日になったら、義兄嫁は自分の友達や親戚の携帯カメラやコンパクトカメラには表情やポーズを取るのに、私の事はガン無視。
        仕方ないから目線は狙わず、自然なカット狙いに切り替えたよ。
        招待客には声かけながら取ったからカメラ目線カットはあったけど。後日、義実家に親戚達が集まったので写真を再生する事になった。
        先に義兄嫁が友人や彼女の親戚が撮った写真を再生したけど、
        赤目だらけだったり、ブレてたり、ノイズボーボーだったり激しく色かぶりしてたよ。
        私が撮ったものはカメラとレンズの助けもありそうした事はなかった。
        年賀状に決め顔決めポーズの写真を使いたかったらしい義兄嫁は、○○ちゃん(私)の写真でポーズつきのがあれば良かったのにぃ…とか言い出した。
        プロの写真が納品されるのは年明けなので年賀状には間に合わず。
        写真を撮ろうと、こちらは何度か声もかけたのに私をスルーしてカメラの方を見ようとしなかったのは義兄嫁だ。
        事前に話しもしていたのにさ。
        後になって、ポーズ写真が欲しかっただの言われても知らんわ。
        私が撮った写真の中に義兄の年賀状イメージに合うカットは有ったようだし、
        義兄も親戚達も写真を評価してくれたので私は本望だ。