タグ:自業自得
        2018年12月6日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        257 :気団まとめ速報 2018/08/03(金) 23:16:31 ID:f1p9ju7W0.net
        【不倫中の現場に遭遇】ってさ
        ネットの中のネタだと思ってた

        2018年11月17日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        246 :気団まとめ速報 2016/06/19(日) 00:31:24 0.net
        俺の実家のふすま(障子じゃないよ)の張り替えの時の話。もう、5年くらい前になるのだが、業社に頼んで実家(一戸建て)のふすまの張り替えを行った。
        張り替え終わったふすまを業社の若い兄ちゃんが一人で運んできたのだが、1枚だけ前のふすまの紙を剥がさずに、そのまま新しい紙が張られていることに気付いた。俺+俺母「これでは受け取れません。ちゃんと張り替えてください」
        業社の兄ちゃん「「俺は運べと言われただけなので、良く分かりません。料金は〇〇円です」

        だと。俺たちがこれの張り替えが先だと食い下がると、「金を踏み倒すつもりですか!」と言って、玄関先に出て会社に携帯で電話し始めた。
        会話の内容は聞こえなかったが、電話を始めて5分後くらいに、その兄ちゃんは俺に近づいてきて
        「社長が話があるそうです」
        と俺に携帯を渡してきた。その社長も既にヒートアップしていて
        「今からそっちに行くから金を用意しておけ!」
        というようなことを一方的に言われてガチャ切りされた。

        電話の後の業社の兄ちゃんは何故か態度が大きく、「社長が来るから、お金払うなら今のうちだ」というような意味合いの事まで言いやがった。
        俺はこんな仕事で金を取ろうと出張って来る社長なので相当のDQNだと覚悟して、買い物に出かけていた親父を呼び戻し、母には両隣の旦那さんに声をかけてもらった。(この日は土曜日)
        戦闘態勢を整えて、家の前でふすまを持って待っていると、1台の軽トラがやって来た。
        怒りの形相の60代くらいの頑固そうな見た目の社長が運転席から降りてきた。
        俺はいよいよ戦闘開始かと思ったが、その社長は俺たちの目の前までくると、数秒固まって、いきなり頭を下げてきた。

        ここからは急転直下で話は解決に進んだ。
        何のことは無く、業社の兄ちゃんは「俺たちが金を払わずごねている」とだけ社長に伝えていた。
        しかも、その兄ちゃんが実は問題のあった1枚のふすまの張り替えを担当していたのだ。(手抜き作業のことを社長に言いだせずに嘘をついた)
        業社の兄ちゃんは俺たちの目の前で社長にぼこぼこに殴られて、ふすまと一緒にお持ち帰りされた。
        後日、社長と坊主頭の兄ちゃんが菓子折り持って謝りに来ました。

        でか、なんですぐばれる嘘付いたんだよと言う疑問は未だに晴れない。

        2018年11月5日 カテゴリ:実家・義実家  コメント:0
        646 :気団まとめ速報 2013/02/19(火) 16:41:31 0
        夫出張中、子供幼稚園のため私一人で親戚の集まりに出た。
        トメは自分から同居してほしい、ウトが亡くなって心細いと懇願してきたのに
        親戚の手前か
        「夫の親を敬える嫁としか一緒になんて住めないわw」
        と言いだしたので
        「そんな・・・お義母様にできないことを私風情ができるはずありませんわ!
        夫さんに同居の話進めようかって今日言おうと思っていたところですが
        お義母様に何か失礼があったら大変!なかったことにさせていただきますわ!
        私風情がこれっぽっちでもお母様と一緒に暮らそうだなんて考えてしまって
        大変申し訳ありませんでした!」
        と言って帰ってきた。トメ
        「や・・・私はちゃんと・・・えっ・・・えっ・・・あぁ~」
        って口パクパクしてた。

        2018年11月2日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        978 :気団まとめ速報 2016/09/19(月) 21:53:56 ID:uQJ
        娘が私の誕生日に手作りの人形をくれた。フェルトやボタンや糸を使った猫の人形。
        私が誕生日当日の仕事帰りまで秘密にしていたかったらしく、影でコソコソ作っていたみたい。
        材料費からラッピングに至るまで自分の小遣いで集めていた。
        娘の計画では、ラッピング済みのプレゼントを玄関に置いて私がそれを見つけて、サプライズ大成功!としたかったらしい。
        しかし旦那が私が帰宅する前にゴミ箱に捨ててしまった・・・
        わざわざラッピングを開封して捨ててしまい、しかもその後に醤油ボトルを捨てたから人形には黒いシミが・・・
        (旦那はなぜか燃えないゴミの方に捨てていた)
        娘が怒り狂って旦那に抗議している最中で私が帰宅。
        旦那は最初こそは謝っていたが、でも~おまえだって~と言い訳を続けたので私も怒った。娘にはプレゼントを用意してくれた事に対して感謝し、ケアをしながらシミがついた人形をゴミ箱から取り出してできる限りでシミ取りと臭い取りをした。
        旦那はゴミにしか見えなかった、娘が学校から持ち帰ったゴミを玄関に放置していたかと思ったと言っていた。
        小3の娘が作る人形やラッピングのやり方は確かに拙いし見ようによってはゴミに見えてしまったのかもしれない。
        でも娘が言うには、このサプライズの件は旦那は把握していた(材料やラッピングの買い物に同行、作っている過程、ラッピングの過程を見ていた )。

        2018年10月29日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        447 :気団まとめ速報 2011/05/15(日) 11:15:50 ID:/UIblMsRO
        姉子 妹子の姉で美人
        妹子 姉子の妹でブス
        婚約者 妹子の婚約者姉子は美人を鼻にかけた嫌な女で妹子に、
        「あんたも可愛かったら買って貰えるのにね」と新品の物を自慢したり、
        「あんたより私のほうが似合うから」「綺麗な服は綺麗な子が着るの」と物を強奪したり、
        時には暴力をふるったりしていた。
        姉子は人当たりがとてもよく周りを味方にするのがうまいので、
        妹子への虐待は妹子が自立するまで続いた。
        地元を離れた妹子が婚約し、両親に会わせる為に実家に戻ると、
        姉子が妹子への婚約者にベタベタと色目を使う。
        「私のこと好きになるのは当然じゃないの」
        「ブスのあんたが先に結婚するのはおかしい」
        姉子に抗議した妹子に姉子は言い放った。姉子は恋人がいるにも関わらず、妹子の婚約者とプチ旅行にいった。
        その旅行先で被災。

        2018年9月19日 カテゴリ:復讐  コメント:0
        899 :気団まとめ速報 2012/09/03(月) 14:11:20 ID:pThebADK0
        中学時代、俺に濡れ衣を着せて不登校に追い込んだ女がいた。
        そのため内申がなくてくそみたいな高校に進学した。
        くそみたいな高校だから成績はオール10.
        それで信じられないような国立に推薦入試で入れた。

        2018年9月16日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        170 :気団まとめ速報 2014/11/06(木) 16:35:11 ID:b6aYMCOKg
        7、8年前父が2ちゃんに感化されて、子供である私のDNA鑑定をこっそり実行
        後日、親子の可能性は限りなく低いですと通知が来てわが家が修羅場に陥った
        結果的にいえばその結果自体が間違い、杜撰な業者がサンプルを取り違えただけだった
        最初の通知から数週間後、業者からの電話で発覚
        事の次第と料金を返還するので穏便に済ましてくれとの内容をうけ
        散々に母を責めていた父は、顔を真っ青にしながら謝罪したが、母は下を理由に受け入れなかった・証拠も無く軽い気持ちでDNA鑑定をしたこと
        ・その大事なことに安い業者を使ったこと(平均の十分の一の金額だったらしい)
        ・「お前の存在が裏切りだ」「人生の無駄だった」「金と時間を返せ」
        「触るな」「愛情が枯れた、どうしても愛せない」「吐き気がする」等、私を罵ったこと
        ・近所中にDNA鑑定は必須だと触れ回って、誤解を与えたことさらに母は、父が頼んだ業者とは別の4社に依頼した調査結果を父に叩きつけ、離婚を要請
        それまで母にぞっこんだった父は泣いて縋ったけど
        私にした父の罵倒をそっくりそのまま返され離婚させられた

        父はその後再婚もせず、私が成人した後も養育費と同額を毎月母に振り込んでるらしい
        慰謝料は一括で貰ってるらしいので、受け取る母もどうかとおもうけど、とめる気はない
        当時の父の立場からすれば仕方ないんだろうが、
        今までの信頼が吹き飛ぶような言葉を浴びせられた私としては苦しんで市ねとしかいいようがない

        2018年9月8日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        854 :気団まとめ速報 2014/06/24(火) 20:48:42 ID:DUjUq0w3O.net
        私が妊娠6ヶ月で仕事を辞めた直後、学生時代の友人とランチに出かけた
        友人が車を出してくれたんだけどその帰り道に衝突事故が起こった
        T字路でこっちは直進、相手は同じ車線に左折で入ろうとしてた車でコツンとぶつかった程度だけど
        周囲も心配するし、事故相手も「万が一があるかもしれないから病院に行って」と何度も言うから
        病院にかかって念のために一晩だけ入院した。以後は特に異常なし
        事故相手からは後日改めてお見舞いに来たいと連絡があったけど断ったら
        すぐにお菓子と詫び状が送られてきて、きちんとした人だったでも友人は事故から数日経ってむち打ちの症状が出たとメールが来たから心配で様子を見に行ったら
        気分悪くて仕事に行けないとはずなのに超元気にスポーツをやってた
        びっくりして「むち打ちの人がそんなことしていいの!?」と言っても平気と笑って
        相手9:友人1の事故だからしばらく通院してお金をとれるだけとる
        (私)ちゃんは妊婦なんだから長期入院したら?と言われて正直引いたそれから私は子供を産んで、子育てに追われて友達付き合いも疎遠になってたけど
        最近再会したその友人から、停車してる車に突っ込む、友人の過失100%の事故を起こしたと聞いた
        しかも相手が普通の人じゃないからかなり話が拗れているらしい

        「どう見ても元気なのに具合悪いと言いはって金をとることに必タヒ」という友人の姿を見て
        スレタイを思い出したからカキコ

        2018年9月5日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        243 :気団まとめ速報 2015/04/12(日) 08:42:07 ID:XU3
        因果応報というか、自業自得というか高校時代のクラスメイトで自称「私はいくら食べても大丈夫!!!」な女N子がいた。
        毎日甘~いジュースや炭酸飲料を水やお茶代わりにグビグビ。
        砂糖や炭水化物たっぷりのスイーツをバクバク。
        でも実際N子はどんなに食べても太らない。むしろスリム。
        皆が○キロ太った、ダイエットしなきゃ!的な体型を気にする会話をしていると割り込んできて
        ダイエット?何それおいしいの?わたしそんなことしたことな~いwww
        と自慢しつつpgr
        誰かが何かを食べていれば「それ以上食べちゃ太っちゃうんじゃない?あ、ダイエット中だっけ?協力してあげるよ!」
        とpgrしながら人の食べてるお菓子や注文した料理まで掻っ攫う。
        N子の母親も「うちのムチュメタンはどんなに食べても太らないから~」と放置してご満悦
        しまいには「このサイズのほうが安上がりだし~」と学校にまで1,5リットルサイズのコーラやサイダーのボトルを持ち込み、休み時間ごとにグビグビと飲み干すように。
        このころN子が一日に飲んでいたジュースや炭酸は一日約4リットル。
        飲みすぎじゃない?と忠告する人もいたがN子はデブの僻みpppppgr
        もう知ったこっちゃない、とまわりも放置したまま私たちは高校を卒業し、それぞれ進学、就職。N子も成績が良かったためそこそこの大学へ進学した。それから半年後、N子が自宅で倒れ救急車で運ばれた、という連絡が来た。
        診断はなんと糖尿病、それも相当の末期。
        気付いた時には命も危なく、2週間以上集中治療室から出られなかったらしい。
        実はこれはペットボトル症候群といって、幼少期から過度な糖分を取りすぎるとなってしまうもので気付かないまま糖尿病がどんどん進行していく病気。
        今までどんなに食べても全く太らなかったのもこのため。
        結局闘病のためN子はせっかく受かった大学も退学。
        今までN子に散々デブpgrされてきた高校時代のクラスメイトが病室に見舞いと称して押しかけ、
        目の前でpgrしながらスイーツをバクバク食べまくってきたそうだが、私は遠方で参加できなくて残念だったということはここだけの秘密にしておく。

        先日、息子の検診に行ったところ、片足を切断した車椅子のN子と、まだ40代のはずなのに60代ぐらいに老け込んだ白髪交じりの車椅子を押すN子の母を見かけたのでカキコ。

        2018年8月14日 カテゴリ:その他  コメント:0
        419 :気団まとめ速報 2017/02/02(木) 11:27:25 ID:4L8
        去年の話だけど、コトメが大学進学で私夫婦の住む市に転居してくることになり
        トメさんに頼まれて家電の買出しに車を出した
        トメさんからは事前にコトメに必要分+αに渡してあると聞いていたけど
        お祝い代わりに炊飯器くらいは買ってやるか~と思ってたが、買い物を済ませてレジに並んでもコトメが財布を出さない
        店員さんに「~~円です」と催促されたところ、コトメがこちらを振り返り
        顎をしゃくるようにしながら「だって」と一言
        イラっとして「お母さんからお金もらったって聞いてるよ」と返すと
        「普通に考えて、もう使っちゃったってわかるでしょ。お金ない」
        と財布を見せてきたところ、中身は2千円だけ店員さんに「申し訳ないけどそれキャンセルで」と告げて
        (商品名の書いたカードを持っていく方式だった)
        なんでよ!と叫ぶコトメを放って車に乗ったら、土地勘のないところで
        置いていかれるのはいやだったのか後部座席にちゃっかり乗り込んできたw
        そのまま義実家まで3時間無言のドライブをしてコトメを義実家に戻してきた
        修羅場になりそうだったので私はとっとと撤収してきた

        トメさんからの報告によると、ウトさんが激怒して大学進学取り消し
        高校生が二桁万円を瞬時に使い切ったなんて、どんな使い方をしたんだと
        怒り狂って問い詰めたところ、社会人の彼氏なる人物に貢いでしまったそうだ

        結局「高卒よりは大卒のほうがいい」という結論になって、自宅から通える範囲にある
        3月でも出願できる+センター試験不要の大学にコトメは進学した
        (指定校推薦で早く決まっていたせいでセンター試験を受けてなかったそうだ)
        でも元の大学で勉強するはずだった学部はなく、おまけに地元では有名な
        バカ大学だったせいでコトメの勉強意欲が出なくて欝っぽくなり中退
        また変な男に引っかかってバイト代を全部巻き上げられて、それでもお金が足りなくて
        風イ谷まがいの店でバイトを始めてしまったらしく、ウトメさんがコトメを家から
        叩き出し、その後一切連絡を取らずにいるらしくて、今どうしているかは不明