タグ:遺産相続
        2018年11月6日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        926 :気団まとめ速報 2016/10/31(月) 12:53:16 ID:cvi
        夫が、今年タヒんだトメがやっていたハロウィンのお菓子配布を私に相談もなく引き継いだ
        昨日焼き菓子とかを無駄にラッピングしたのを大量に持ち帰ってきて、家計から代金払ってと言い出した
        トメが近所のケーキ屋で毎年頼んでいたのと同じにしたらしく一包み千円で予備併せて計5万円
        そんなに続けたいなら、あなたの小遣いから出してと支払い拒否したら、遺産相続した分全部返せと言われた
        このお金は、子供の進学費用や家族の為に使うもので、他人に配るために使うものじゃないと拒否したら、離婚しようと言われた
        無視していたら親に連絡されて、無理矢理通帳取り上げられてそのまま実家に連れ帰られた
        親には反省しろって詰られて叩かれたけど、どうしても私が悪いとは思えない
        娘はコトメが預かるとかで引き離されたまま連絡もない
        親が離婚しないでと頭下げてたけど、もうあんなのと結婚生活続けていける自信が無くなってきてる
        財産を使い込まれる前にきちんと分配して別れた方がいいのかな

        2018年10月28日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        387 :気団まとめ速報 2010/02/22(月) 23:58:52 0
        私が結婚して1年目にウトが急タヒした。
        揃って超優良だったウトメはおしどり夫婦。
        一人になったトメを心配して、小梨2馬力の我が家で引き取ることになった。
        同居してもトメの優良ぶりは変わらず、家事をして、ウトが十分なお金を残してくれていたので月々の生活費まで入れてくれてた。
        でも、やっぱり連れ合いを亡くしたトメはショックが大きかったみたい。
        1年もたたないうちに体にがたがきて、主に歩行が困難になってきた。
        それで近距離にすんでた良コトメ(専業子持ち)が手伝いに来てくれて、二人でトメの介助をしていた。
        夫はなにもしなかった。
        ある日コトメが急用で、私の帰宅前に自宅に帰ってしまい、私もいつもより帰宅が遅れてしまった。
        帰ったら、トメが真っ暗なリビングでうずくまって泣いてた。
        周りにはティッシュがいっぱい散らばってた。
        トメはお手洗いに行くのに間に合わずリビングで粗相してしまい、慌ててティッシュでふき取ったものの、
        動けばリビングを汚してしまうと思って、その場から動けなくなってしまったようだった。
        そんなトメを見て私も泣いた。
        後始末をして冷たくなった服を着替えをさせる私に、トメは「ごめんねごめんね」といいながら泣いていた。
        その夜夫は日付が変わる頃に大トラになって帰宅した。

        2018年10月11日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        246 :気団まとめ速報 2013/08/28(水) 00:58:25 0
        俺の修羅場書く。うちの家系は田舎の農家なんだけど、祖父の持ってた畑が
        高速道路の土地になったとかで、国が高額で買ってくれた
        らしく、けっこうな資産があった。
        祖父の子どもは伯父と父だけ。
        祖父は畑を売るちょっと前に、病気で寝たきりになってた。
        父は、俺と弟が生まれてすぐ亡くなったので、
        伯父が祖父の面倒見てた。
        俺達は、母子家庭ということもあり、ほとんど祖父や伯父とは
        会うことないまま生きてきた。俺も弟も、父の法事以外で
        会ったのは5回ぐらい。あとは年賀状や暑中見舞いのやりとり
        ぐらい。そんで、ある日祖父が亡くなったんだけど、はじめて伯父に
        相続権がないのが分かった。
        伯父すら知らなかったんだけど、伯父は祖父の兄夫婦の子どもだったらしい。
        養子縁組もしていなかったとか、とにかく色々戦後のごたごたが
        原因のことで、伯父は20年以上祖父の面倒見ていたのに、相続権が
        ない、ってことになった。
        で、ほとんど祖父と面識ない俺達兄弟が、財産を相続する
        立場だから、って呼ばれた。
        財産放棄しても、伯父には財産が行かないらしくって、
        母と俺達パニック。祖母は父よりも先に亡くなってるし、
        伯父は「俺は口を出すことができない」と、相続諦めることやむなし、
        みたいな姿勢だし、正直俺達は財産とか憧れるけど、相続税怖いし
        何よりこれは伯父さんのだろ、みたいな空気にいたたまれなさで一杯だった。

        2018年9月18日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        956 :気団まとめ速報 2010/04/27(火) 19:14:48 ID:liHSUtzW
        うちにはかつて数億円の財産があったらしいが、うちの婆ちゃんが1人で使いきったこと。
        約20数年で…。うちの爺んは福島から関西に出てきて、とある企業を設立。
        それが成功し、まだ子供だったうちの親父達家族はそりゃ裕福な生活をしてたらしい。
        ところが爺ちゃんん、好物の塩辛いものを食い続けたことがたたり、46歳の若さで脳溢血でポックリ逝く。
        親父達子供はまだ大学生だったし、路頭に迷うか…と思ったら
        生命保険と爺さんがコツコツ稼いだお金、その額数億円にも上った、らしい。
        そして子供たちはそれぞれ独立し、婆ちゃんは1人で、爺ちゃんの残した遺産で悠々と暮らしていた。
        旅行にはいきまくるわ骨董やら買いまくるわ、日本舞踊は習うわ
        そして私達孫にもおもちゃとか、高いものではないけど買ってくれたり。
        極稀にパートはしてたけど、日雇いの清掃員とかそういうのばっかり。
        子供心に、年金ってたくさんもらえるんだなぁと思ってた。

        2018年9月9日 カテゴリ:衝撃的な出来事  コメント:0
        200 :気団まとめ速報 2015/02/25(水) 15:37:10 ID:OQZ1rw9+.net
        旦那の実家が実は資産家だったのがスレタイ。
        舅は大会社だったけど平社員だったし定年後は再就職もせず図書館通い。
        姑もけちで食事に行ってもすかさずご馳走さま宣言かますような古事記。
        食器はひび割れ、ふきんは雑巾並。コップで水飲むのも苦痛なくらい不潔。
        将来介護生活になったらいくらかかるんだろう。うちは負担できないよと
        取り越し苦労してたのにインフルであっさり亡くなった。
        まあ苦しまなくてよかったと遺族は安堵したがそっから修羅場。
        箪笥から現金でてくるでてくる。誰も知らなかったけど宝くじ当選してたらしい
        直前にけんかしてて無視が一番こたえるから見舞いにも行かなかったら
        恨まれて遺産はやらんと言われた。あてにもしてなかったし、どうせ幾らも
        ないと思ってたから下手小板。あはは、人生こんなもんよね
        いびられたとき苦しんでタヒねとか呪ったから罰が当たったとあきらめるよ。
        今図書館から借りてる机のうえのミリオネアマインドが虚しく思える~

        2018年8月23日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        565 :気団まとめ速報 2017/03/13(月) 15:09:02 ID:hBm
        簡潔にまとめる才能がなくてすみません。すごく長いです。私は長男嫁で、結婚してから5年ほど義実家の徒歩圏内で別居していたが
        義母が事故で足を悪くし、杖をつく程度で日常生活はほぼ自立しているものの
        転びなどの心配もあって同居することにした。
        義弟夫婦は同市内住み、車で15分ほど。
        同居して15年ぐらい経った頃、私に胃癌が見つかり手術することになった。
        (それについては胃を半分切ったものの予後も問題ないです)
        その頃には義父も亡くなっており、
        息子が一人いるが遠方の大学に進学しており、夫は単身赴任中だった。
        それで義弟夫婦に入院中の間だけ義母を頼めないかと相談。
        義弟夫婦には高校生の娘がいて義弟嫁は専業だったし
        事情が事情なのでまさか断られるとは思わなかった。
        義弟嫁が短期間とはいえ今更同居なんて窮屈で無理、嫌だと聞かないらしく、
        結局その間だけ義弟がうちに寝泊まりし、昼間は義母の親友が来てくれることになった。
        義弟嫁は実家と縁切りしているらしくて出産の時にはずいぶん義母に世話になったはず。
        義弟嫁が頼ってきたことに関しては義母はほぼ叶えていたのも知っている。
        だから余計に義母を利用するだけ利用しておいて、と不愉快に思った。
        が、義弟も同様に感じていたようだ。
        この一件に関して義弟夫婦は結構大きな夫婦喧嘩をしたらしく、
        義弟嫁にはそれも私が余計な頼み事をしたせいだと、嫌味を言われた。
        以来、義弟とは付き合いがあったが、義弟嫁と娘は一切うちに寄りつかなくなった。
        そして昨年義母が亡くなり相続も終えて数ヶ月後、義弟夫婦が離婚した。
        実は義弟の娘は義弟の娘ではなかった。いわゆる托卵。
        小学校に上がる頃からあまりに自分に似ていないことが気になってたそうだが
        私の入院に関してのゴタゴタの時の大喧嘩のあと、ついに決心してこっそりDNA鑑定したそうだ。
        娘は娘で中学ぐらいから父親を毛嫌いして、母娘で結託して馬鹿にするようなところがあったらしく
        真実が分かってからは娘に対する愛情も消え失せたらしい。

        2018年7月28日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        933 :気団まとめ速報 2014/12/12(金) 18:32:47 ID:Lg8
        うちの親父は婿養子
        んなもんで母親には逆らえねー
        その母親は、親父の血を引く私のことは好きじゃない
        てめーの腹痛めた子だろうがっと思うけど、痛い思いしたから余計嫌いになったそーだそんなんだからこっちも別に母親のことは好きじゃないつーかむしろ嫌い
        母親はそんな私がますます嫌いだからか、叔父の娘(私の従妹)ばかり可愛がってた
        会うたびにカワイ~カワイ~どっかの誰かさんとは大違い~ってね
        叔父は母親に可愛がられて育って母親にべーったり
        叔母(叔父の奥さん)はないがしろ
        一応母親のお眼鏡に叶って叔父と結婚できたらしいが、嫁いだ時から薄幸そうな人だったわ
        産め、稼いでこい、舅(母親の父、私の祖父)の世話しとけ、なのに従妹の世話もしろ
        母親は美味しいとこ取りで従妹におもちゃやお小遣いあげて株上昇
        ちなみに私は文房具代貰うのすら嫌味付きだった
        家はお金持ちだったのに妙に貧乏臭くてよくからかわれたな~
        たまに親父や祖父がドカンとお小遣いやお年玉くれたもんだから、
        急に金遣い荒くなったりしていろいろちぐはぐだったんだよねw親父は親父で不倫未満の相手(元恋人らしい)がいて、
        母親のせいで引き離されたと酔って愚痴ってた
        かつて母親は親父の元恋人が嫌いで親父を横取りしたんだそーな
        ほんとかどうかは知らんけれどもw
        親父にとって、母親との間に出来た私のことは微妙な感じだったみたい
        ただ母親から邪険にされてるのが可哀相と思ったのか、それとも母親に対する当て付けなのか、
        はたまた親の情なのか、たまーに可愛がってくれたね、突発的に動物園に連れてってくれたり

        そんな感じのろくでもない家族だったんだけれども…外面は良かったw
        祖父が地元の名士で資産家だった…からね

        2018年7月10日 カテゴリ:結婚しなきゃよかった  コメント:0
        370 :気団まとめ速報 2014/08/20(水) 11:57:42 0.net
        豚切りごめん。
        同居トメに「そこまで私のことがお嫌いなのにどうして一緒に暮らそうなんて思ったんですか?
        一緒に暮らしていてもお互いストレスが溜まるだけですよね。出ていきますから。」って
        言った。トメ、びっくりしてポカン顔になってた。今部屋に戻って別居の準備中。トメはグジグジ泣きながら親戚に嫁にイビられて可哀想な私演出の
        電話中。
        もう知らん。午後から仕事だし、荷物も少ないし、さっさと片付けて出ていきます。
        とにかく言ってやってスカッとした。経緯。同居三ヶ月、実家落とし、嫌味、実家に嫌がらせ電話、家族じゃないから出てけ発言、
        近所、親戚に嫁子の悪口言いまくり、一通りやられた。
        今日も朝食、旦那のお弁当作り、後片付け、洗濯掃除など朝の家事を終わらせ、ダイニングテーブル
        でパートに出る前の朝ごはんを一人で食べていたら「そこ家族の席だからどいて。」
        ムカついたので「それではどこで食べろと?」と聞いたら「さあねえ。家族じゃないんだから
        あんたのことなんか知らないわよ。勝手に庭ででも食べれば?」そう言いながら私の茶碗を
        ひったくって床に叩きつけた。
        割れた茶碗を見ながら「あんたが来てから茶碗が欠けるのよねえ。」
        その後お決まりの実親の悪口。もう親の悪口も聞きたくなかったし、家族じゃないから発言にも
        ウンザリ。それで冒頭の発言に。
        私は出て行く。夫がどうするのかは夫が決めればいい。
        「同居するからには何があっても君を守るから。君の味方になるから。」とお願いされて同居
        したけど、今まで一度もかばってくれたことなんかなかった。
        「おふくろは照れてるんだ」とかボケ発言をかましたっきり。
        もう夫も知らん。

        2018年5月5日 カテゴリ:実家・義実家  コメント:0
        410 :気団まとめ速報 2014/09/16(火) 11:05:39 ID:???
        15年ぐらい前のことだが、義父が病タヒして少し経ったある日、義母から連絡があり
        弁護士さんが連絡してきて、義父が残した遺言状を読み上げるらしいから集合と言ってきた。
        そこには義父が残した遺産がひとつひとつ明記されていて、妻と子供たちにどう分配するかが書いてあった。
        男ばかり4人兄弟(夫は3番目)だけど、長男夫婦は妻が義母と折り合いが悪く
        結婚して5年ぐらい同居してたらしいがその後別居になり(私が結婚する前のことなのでよく知らない)
        妻に遠慮して長男自身殆ど家に寄り付かない状態。
        次男夫婦は夫の実家そばに家を建て、元々看護士だった次男妻は色々面倒看てたらしい。
        うちと末っ子夫婦は隣県に住んでるので年数回帰省する程度だったので
        相続について特に期待もなく、やらないって言うならそれでヨシ、
        くれるっつーもんを貰うだけと言うスタンス。
        うちと末っ子夫婦は割と仲が良いので、一緒に車で向かう途中にそんなふうに話をしてた。
        でも長男と次男に関しては、もしかしたら揉めるかもねーとも。
        案の定、義母受け取り分を除くと次男ひとりに厚く、残りはほぼ3等分という感じだった。
        (フェイクだが、割合としては土地家屋は義母、現金で次男2000万に対して長男600万、三男四男500万ぐらい)
        で、長男は同居していた5年間を持ち出して怒り心頭(よくある話w)。
        ここで弁護士さんが、義父が自分の思いや分配の理由などを自らの言葉で伝えるべく
        カセットテープに録音して残してあるそうだから、それを聞くようにと託っているとの事。
        弁護士さんは、そのテープの管理を申し出たそうだが「他人に聞かれたくない話だから」と断られたそうだ。
        弁護士さんには仏壇の裏に置いておくと伝えたらしいが、見てみたら無い。
        義母は知らないって言うしで、全員で家探しすることになった。
        そうしたら義父の釣り道具が雑多に置かれた納戸(父は書斎と言っていたがw)から
        小さなレコーダーと共に出て来た。
        しかし見つけた瞬間から嫌~な予感が。
        その部屋、西向きで夏には蒸し風呂状態になる。
        しかもカセットが見つかった場所は窓から差す陽がテカーッ!と当たる所。
        思った通り伸びたテープから間の抜けた義父の声がゆわんゆわん聞こえて来た。
        まず長男に対して、嫁と妻の不仲は自分の不徳の致す限りであるはあるが
        それでも長男としてのお前の態度は情けないとか批判じみた言葉が続き長男夫婦ふてくされ。
        がしかし、それでも長男として子供の頃からよく頑張ってくれた部分も云々かんぬんと言葉が続いたあと
        「相続は○○先生(弁護士)に託した遺言状の通りではあるが、そのかわり・・・」
        ・・・のところで再生スイッチがカチャン!と音を立てて上がった。
        レコーダーからカセットを一旦取り出し、再び入れて再生してみたがそれ以上進まない。
        なんとカセットテープが解けて引っ付いてた。再生不可能。
        長男「クソ親父が―――――――っ!!」
        長男夫婦以外は「おとうさんらしいわー」と大爆笑。
        カッコつける割にはどこか抜けてた義父らしいが、それにしてもこのタイミングは可笑しすぎる。
        その後、次男夫婦が「多く頂いたぶん義母のことはまかせろ」的なことを言って同居を始め
        長男夫婦も脱力したらしくて遺言を受け入れ、丸く収まった。
        今でもあの瞬間の空気を思い出すと笑えてくる。

        2018年4月24日 カテゴリ:修羅場な話  コメント:0
        550 :気団まとめ速報 2016/07/27(水) 11:33:54 ID:kXA3a1fS.net
        母親と弟の神経が分からんって話
        両親は双方バツイチ子持ちで、兄の俺は父方で、弟は母方の子
        母親は弟ばかり可愛がり、母親にとって俺は二の次だった
        父親が2年前に病気で亡くなってから、いろいろおかしくなった
        父が亡くなる前に、相続に関して弁護士通じて結構な額を遺していた
        母には家(一軒家)+100万
        俺と弟で残りを半分こだった
        それから、母と弟は父の残した財産をどんどんどんどん食いつぶすようになった
        正直、2人に残されたものだし、いくら使おうとこっちの知った事じゃないと冷めていたが、ついに俺の貯金に手を付けた
        弟が結婚するということで、式を挙げて海外に新婚旅行に行った
        俺の貯金を勝手に使ってだ
        それを知ったのはつい先月で、自分自身の口座と相続分を入れているを分けていたから、すぐに気づけなかった
        気付いたら300万ほど無くなってて、問い詰めたら白状した
        その際に、母親から結婚できないんだから、結婚する弟に使った方が世のためになるだろうと言われた
        俺子供作れないから結婚する気ないよ
        その原因を作ったのは母親で、母親が運転する車に乗っていて母親の信号無視で事故を起こして、その時に玉2つ潰れたからだよ
        もう信じられないくらい切れた
        家財やら何やらなぎ倒し、その場で所用で弟嫁実家に行っていた弟の嫁に、お前らが挙げた結婚式と新婚旅行へ行く金は盗んだ俺の金だってこと知っていますか?って連絡した
        弟嫁さんびっくりしてたよ
        以前から結婚資金は「弟一人で必タヒに貯めたお金」と聞かされていたとか
        弟嫁さんは常識人だったようで、弟嫁両親と一緒に飛んできて謝られたよ分ける